旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

おばあちゃんの原宿「巣鴨」で、なぜ大学生が盆踊りで街おこし?

未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)
未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)
2016/08/05

そして盆踊りがはじまった!

大塚学長の挨拶と女子学生の司会コンビの合図で盆踊りがスタート!
大塚学長の挨拶と女子学生の司会コンビの合図で盆踊りがスタート!

時計の針が午後6時を指した頃、女子学生コンビの軽妙な司会による「鴨台盆踊り」の幕が、ついに上がりました。

大塚伸夫学長のご挨拶に続いて始まった最初の曲はAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』! これを『炭坑節』のフリで踊るというのですが、曲とフリとが見事にハマッているのには本当に驚きました(笑)。

写真㈻盆踊り2 copy copy

写真㈻盆踊り3 copy copy

その後も地域の踊りのサークル「つぼみの会」の皆さんのお手本をマネしつつ、盆踊りの輪は、二重三重にどんどん広がっていきます。小学生や女性の姿も目立つ太鼓サークル「鼓友」の祭り太鼓に乗って、幼児からお年寄りまで、地域の人々の明るい笑顔が花開きます。

さらに事前にかなりの練習をしたと思われる、剃髪に作務衣姿の仏教学部の学生たちも、見事な所作を披露します。

盆踊りには地域の若い母子がたくさん詰めかけた
盆踊りには地域の若い母子がたくさん詰めかけた

正直にいえば、大学のキャンパスで行われる盆踊りが、こんなに盛り上がるとは思ってもいませんでした。また繰り返しになりますが、キャンパス内に詰めかけた子育て世代の親御さんや乳幼児の多いことには、新鮮な驚きがありました。

池袋からも至近距離にあるこの地域にももちろん、少子高齢化の波は押し寄せています。しかし、地元の大学キャンパスで開かれる盆踊り大会に大集合した老若男女の踊りの輪を改めて見つめるうちに、この地域にはまだ世代間の循環があるということが、まざまざとわかったのです。

僧侶のいる風景は大正大学の日常
僧侶のいる風景は大正大学の日常

大正大学と3商店街の連携による地域活性化活動が、今後どのような方向に進み、どのような成果を挙げていくのかについては予断を許しません。

しかし、少なくともこの地域を生まれ故郷とする乳幼児たちが、「鴨台盆踊り」を毎夏のお楽しみとして、いつまでも楽しめるような環境が形成されていけば、小さくない成果がもたらされるだろうことは容易に想像されます。

そうなったときにはひょっとすると、レオナルド・ダ・ヴィンチの考案とされる「永遠性(循環)」の象徴、すなわち二重螺旋構造をもつ「すがも鴨台観音堂(鴨台さざえ堂)」の階段は、地域における世代間循環の象徴として、新名所になっているかもしれません。


  • image by:未知草ニハチロー
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)

日本各地をマタ(股)旅散歩しながら、雑誌などにまちづくりのリポートをしている。裸の大将・山下清のように足の裏がブ厚くなるほど、各地を歩きまわる(散歩する)ことが目標。「未知草ニハチローのまちづくりのココロ訪問記」は地域ごとに現在進行形で行われている、まちづくりのココロを訪ねる小さな旅のシリーズ。

おばあちゃんの原宿「巣鴨」で、なぜ大学生が盆踊りで街おこし?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 行列のできる巣鴨のかき氷専門店、新作はふわふわの黄金タワー ★ 85
 岐阜 「子どもと学ぶ」をきっかけに人が動けば、まちの知は地域の外へ広がる ★ 61
 大阪 小学生×大学生、視点の違いも楽しむ「石橋商店街」の活性化計画! ★ 35
 全国 あの石破大臣も読んでいた!地域活性化を女子高生と学ぶマンガ読者の反応は ★ 478
 東京 渋谷に残された最後の「和の空間」。かつての花街・円山町の「粋」な街づくり ★ 316
 茨城 街の「緑」を守れ。茨城県守谷市の危機を救った「奇跡の自然歩道」 ★ 375