旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

商店街にはヒーローが必要なんだ。板橋「まちづくりプロレス」誕生秘話

未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)
未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)
2016/10/19

『ニュー・シネマ・バラダイス』的まちづくりプロレス

リング上を軽やか、かつ速くて鋭い動きで動き回り、試合を引き締めるマスクマンはやてのリング名は、東北新幹線の「特急はやて」から命名されました。プロレスラー・はやての特徴は「最大時速275㎞のキャッチフレーズ通りメキシコ仕込みの軽快でスマートスピーディーな試合運びです。

1964年生まれのはやて代表は、身長168㎝体重68㎏。プロレスラーとしてはかなり小柄ですが、子どものころからボクシングや空手、柔道などの格闘技が大好きだったそうです。

やがて大学生時代には関東学生プロレス連盟ライトヘビー級王座に就くなど、プロレスの魅力に目覚め、29歳で会社(筆記具の営業マンをしていたそうです)を退職し、プロレス界に入ります。

それ以後、さまざまな団体やメキシコ修行などで腕を磨いた後、プロレスラー養成所の講師を務め、興行団体を設立するなどの多彩な経験をへて、「上板橋北口商店街との出会い」を迎えます。それは今から8年前、2008年のことでした。

「知り合いに上板橋北口商店街の青年部部長だった高木恵一さん(現・上板橋北口商店街副理事長)を紹介され、商店街のお祭りでプロレス大会を開催することになったのです」(はやて代表)

はやて・髙木コンビを中心に、やがてスタートする「まちづくりプロレス=いたばしプロレスリング」の、これが序章となりました。

上板橋北口商店街・高木副理事長は「まちづくりプロレス」産みの親の1人
リングはお祭りのステージにもなる(板橋宿不動通り)

今回の主な取材期間は今年の7月と8月。その間にいたばしプロレスリングが、主催の商店街からの要請に応え、地元を中心に開催した大会は4地域4大会(3大会は板橋区内で、そのうち1大会は2日連続開催、残る1大会は復興支援の岩手県石巻大会)でした。

筆者は板橋区内の2大会を直接取材、もう1大会は観客の1人として参加し、それぞれ大いに楽しませてもらいました。


昼も夜も暑い連日の猛暑日のなか、いずれも無料の野外大会には、前述のように幼児からお年寄りまで、幅広い年代の観客がたくさん詰めかけ、大変な盛り上がりぶりをみせていましたが、筆者は「こんな光景や雰囲気を、どこかで、みたことがあるなぁ……」という強いデジャビュー(既視感覚)にとらえられました。

はやて代表に話をうかがっているときにもその話になり、よく思い出せないままに、「そういえば昔のイタリア映画に、あんなシーンがありましたよね。村の人たちがみんな街の広場に集まって、みんなで映画をみて、泣いたり笑ったり、拍手をしたりして、大いに盛り上がって……」と筆者。

すると、はやて代表は即座に「『ニュー・シネマ・パラダイス』でしょ。ええ。あれは、ぼくも大好きな映画です。ぼくたちのいう『まちづくりプロレス』のイメージにも、実はあれに近いものが確かにあります」と、にこやかに返してくれました。

地元ヒーローのマスクデザインは商店街の人たちと相談しながらつくる
地元ヒーローたちのグッズコーナー

 

未知草ニハチロー(マタ旅散歩家)

日本各地をマタ(股)旅散歩しながら、雑誌などにまちづくりのリポートをしている。裸の大将・山下清のように足の裏がブ厚くなるほど、各地を歩きまわる(散歩する)ことが目標。「未知草ニハチローのまちづくりのココロ訪問記」は地域ごとに現在進行形で行われている、まちづくりのココロを訪ねる小さな旅のシリーズ。

商店街にはヒーローが必要なんだ。板橋「まちづくりプロレス」誕生秘話
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 茨城 街の「緑」を守れ。茨城県守谷市の危機を救った「奇跡の自然歩道」 ★ 375
 全国 西洋人が涙した美しさ。幕末の写真家が撮った「明治時代」の着色写真 ★ 1489
 全国 日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選 ★ 1132
 全国 時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選 ★ 6401
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 1814
 千葉 ムーミン谷を走る「いすみ鉄道」が、いま中高齢旅行客にウケるわけ ★ 356