旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ほほ檸檬しなさい。香川県豊島の「檸檬ホテル」で甘酸っぱい体験を

小林繭
小林繭
2017/05/03

「檸檬ホテル」が提案するユニーク過ぎるルールとは?

IMG_5364

いろいろとユニークな「檸檬ホテル」において、宿泊者にはさらにユニークなルールが課せられるのですが、そのルールというのが以下のもの。

檸檬ホテル宿泊者のルール

  • 互いのことを、センパイ、コーチ、きみ、もしくは下の名前で呼ばなくてはいけない。(お父さん、ママ、おい、ねえ、は禁止)
  • センパイには肩もみをしなくていけない。
  • 事ある毎に、感謝を口にしなくてはいけない。
  • 隠していた愛情を口に出して伝えなくていけない。
  • 上記の全てを行わなくてはいけない。

うーーーん、と思わずうなりたくなるこのルール。読めば読むほどじんわりとそのユニークさがツボにしみこむ感じです。

無理難題に聞こえないこともありませんが、実は、これは豊島で過ごす時間を楽しんでもらうために考えられたルール。ひとつルールを設けることによって日常ではなかなか表現できない思いを言葉にできるのではないか?という気持ちが込められているのです。

ルールを守れなかったらどうなるんだろう?という問いには、「守れなかったら。きっといつか“なんであの時言えなかったんだろう”思春期のとき感じたことのある、あの思いが残るでしょうね(笑)」とは酒井支配人。なんだか意味深です。

一見意味不明なようですが、実は「檸檬ホテル」のルールは、何もない島で何もないを楽しむためのなかなか粋なはからいとも解釈できます。

確かに一緒に行くメンバーによってどんな化学反応が起こるかわからないし、風に香る檸檬と青空と、島の人たちと交わすちょっとした会話と、棚田や四季の緑の風景と、もしかしてお天気だったらものすごい星空が見えてしまうかもしれない…そんな未知の世界へのワクワク感も感じます。

普段とは違う時間を過ごし、それぞれにちょっと甘酸っぱい記憶を持ち帰ってもらう場所。それが「檸檬ホテル」なのかもしれません。そして、きっとアートはそんなところから生まれるのです。

酒井支配人に一言で「檸檬ホテル」を説明すると?と尋ねたら、ズバリ「アート」ですとの即答が。


最近、ココロにビタミンCが足りていないと感じているそこのあなた、体験型アートの旅などいかがでしょうか?

檸檬ホテル
香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃984
Tel: 080-6776-9353
公式サイト

  • image by:檸檬ホテル
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
小林繭

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ほほ檸檬しなさい。香川県豊島の「檸檬ホテル」で甘酸っぱい体験を
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 日本の最南端は東京都。都民の大半が知らない「東洋のガラパゴス」 ★ 1144
 全国 見つけたらテンションがあがるよ。地元で愛されるご当地ドリンク ★ 260
 東京 ご当地レトルトカレーが108種も。下町に現れた「カレー大使館」に潜入 ★ 102
  まるでラピュタな世界。ロマンをかき立てる日本の隠れた「小島」5選 ★ 803
 広島 かつて「地図から消された島」が大人気。伝説のうさぎ島「大久野島」を訪ねて ★ 193
 徳島 お寺に泊まれて座禅も。徳島県の「シームレス民泊」を体験したよ ★ 161