旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ご当地レトルトカレーが108種も。下町に現れた「カレー大使館」に潜入

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/04/19

家庭の食卓に並ぶ定番メニューのひとつである「カレー」。本場インドの味とは全く異なるオリジナルの味を確立してきた日本のカレーですが、今回は東京に突如現れた「カレー大使館」で、さらに濃い日本のカレー文化の一面を覗いて来ました。108種類のご当地のレトルトカレーを取り揃えている珍しいカレー屋さんです。

ご当地レトルトカレーが集結。蔵前の「カレー大使館」

カレー大使館1

浅草からも徒歩範囲の蔵前駅を降りてすぐのビルに、ひときわ目立つ「カレー大使館」の文字。

こちらは今年2月にオープンしたばかりのレトルトカレーをメインのメニューとしたカレー屋さんです。正式名称は「カレー王国大使館 蔵前・浅草橋支館」。扉をあけると壁一面にきれいに並べられたレトルトカレーのパッケージがずらり。日本全国からご当地カレーを取り寄せ、その数はなんと108種類。

1
カレー大使館へいざ!
カレー大使館3
108種類のカレーがずらりと並ぶ
愛媛県「道後ビールカレー」、大阪府「なにわの牛すじ黒カレー」、京都県「英勲 酒かすカレー」などパンチのあるカレー勢
富山県「氷見牛カレー」、福岡県「のりクロ黒カレー」、静岡県「萬幻豚ポークカレー」などのご当地カレーも

おなじみの「ボンカレー」、「銀座カリー」から、アメリカンレトロ調のパッケージが目立つ「三沢パイカカレー(青森)」に、京都の豆腐屋さんの豆乳を使用した「豆乳カレー(京都)」、なんとも珍しい「メロンカレー(茨城・鉾田市産)」、「黒いカレー(北海道)」まで、メジャーどころからご当地限定のレトルトカレーが集結しています。

内装も大使館を彷彿とさせる机や甲冑(かっちゅう)があり、ちょっとしたテーマパークのようです。

カレー大使館の内装
本当の大使館のような内装

 

「カレー大使館」だけあって、中は大使館さながらのデザインでした!


TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

ご当地レトルトカレーが108種も。下町に現れた「カレー大使館」に潜入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 899
 全国 懐かしさがこみあげる。地元で愛される「ご当地パン」 ★ 854
 東京 日本の最南端は東京都。都民の大半が知らない「東洋のガラパゴス」 ★ 1144
 東京 猫の里親を探してます。殺処分ゼロを目指す池袋「保護猫カフェ」 ★ 453
 神奈川 そうだ、ラピュタに行こう。東京湾では唯一の自然島「猿島」を探索 ★ 141
 高知 トマトケチャップまみれ!日高のオムライス街道で11種類を食べ比べ。 ★ 70