ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ご当地レトルトカレーが108種も。下町に現れた「カレー大使館」に潜入

TRiP EDiTOR編集部
2017/04/19

レトルトカレーだけじゃなく、ランチ・ビュッフェも開始

カレー大使館6

平日はランチタイムにビジネスマンの方々がよく来館されるそうですが、そんな中、「レトルトカレーをじっくり選んでいると昼休みが終わってしまう」という声があがったため、3月19日からは3種のカレーと、サラダが食べ放題のビュッフェ(1000円)を開始。

「ただカレーを食べるだけじゃなくて健康にも配慮してほしいなと思って。今は黒紫米を使ったり、サラダの種類を増やしたりと、できるだけヘルシーな食事を楽しんでいただけるよう工夫しています」と、大使館長の大和さん。

週末は家族連れや、若者のお客さんも来館されるそうです。もちろん、レトルトカレーの購入も可能で、時には10種くらいまとめ買いされるお客さんもいるのだとか。

大使館長を務める大和(おおわ)さん

この日のカレーはオリジナルカレー、チキンカレーと、アパカレーの3種

オリジナルカレーは、スタッフの皆さんで時間をかけて開発したそうで、調理にも2時間はかけるという手の込みよう。こちらもヘルシー志向を心がけて、野菜とフルーツがベースの「大使館カレーソース」となっています。食べてみると、ほんのりバナナの風味が。玉ねぎ、にんじん、ジャガイモのほかに、バナナとリンゴをミックスしているそうです。

好きなカレーをチョイスできるブッフェカレー

「来館されるお客様の声はいろいろ取り入れて行きたいと思っています。ただ料理を提供するだけではなく、世界観やアットホームな雰囲気も大事にしているので、感想を聞かせていただけると嬉しいですね!」と、森戸さん。

今後はこの「浅草橋支館」とは別に、ビジネス街であり、飲食店の激戦区でもある神田にも拠点を構えたいと考えているそうです。

いつもとはちょっと違ったカレーを楽しみたくなったら、是非、このカレー大使館へ出かけてみてください。皆さんのアイディアが大使館の新たなメニューに加わるかもしれませんよ。

カレー大使館
東京都台東区浅草橋3-20-11 2階
Tel: 03-5820-5640
営業時間: 11時〜20時
ランチビュッフェ1,000円(税込)
ディナービュッフェ1,800円(オープン記念1,200円)(税込)
お子様半額・未就学児無料(女性・お子様はドリンク付)
公式フェイスブック

 

取材・文/Kawri(カウリ)

 

<<『ジモトのココロ』のメルマガ登録はこちらから>>

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

ご当地レトルトカレーが108種も。下町に現れた「カレー大使館」に潜入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 886
 全国 懐かしさがこみあげる。地元で愛される「ご当地パン」 ★ 720
 東京 日本の最南端は東京都。都民の大半が知らない「東洋のガラパゴス」 ★ 1096
 東京 猫の里親を探してます。殺処分ゼロを目指す池袋「保護猫カフェ」 ★ 403
 神奈川 そうだ、ラピュタに行こう。東京湾では唯一の自然島「猿島」を探索 ★ 124
 高知 トマトケチャップまみれ!日高のオムライス街道で11種類を食べ比べ。 ★ 70