ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

料理で町は元気になる。過疎地に80万人の観光客を呼んだ奇跡のシェフ

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/08/22

~村上龍の編集後記~

「食材を活かす」誰もが常識だと思っている。だが、実はこれほどむずかしいことはない。食材は料理人の知識や技術を超える偉大な存在なのだ。

かつて北海道は「食材の宝庫だが美味しい料理は少ない」と揶揄されることもあった。そこに中道博というシェフが現れた。「食材と水」をベースにして、オーベルジュを作った。

料理は、自律的だ。どれほど高名なシェフでも、エゴが食材への敬意を覆ってしまったら、堕落する。中道さんは常に食材と客のことを考えている

その料理はあらゆるエゴが消えていて美味しさだけがある

<出演者略歴>

中道博(なかみち・ひろし)1951年、北海道登別市生まれ。1970年、札幌グランドホテル入社。1974年、フランスに料理修業へ。1984年、ラパンフーヅ設立、「モリエール」開業。1997年、「マッカリーナ」開業。

source:テレビ東京「カンブリア宮殿」

 [touroku]

bnr_720-140_161104

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

料理で町は元気になる。過疎地に80万人の観光客を呼んだ奇跡のシェフ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1034
 全国 実家に帰ると親がやけに優しい…夏の終わりに「帰省あるある」20選 ★ 128
 全国 なぜシニア世代は「Facebook」を好むのか? その理由に思わず納得 ★ 1898
 全国 立ち上がれリタイア世代。地方創生に地元シニアが果たす役割 ★ 89
 全国 廃線駅舎がなぜ人気の絵画館に? 街を元気にした70代の「ひらめき」 ★ 538
 全国 地域のボランティア活動は「タダ」でないといけないのか? ★ 255