ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ニッポンを愛する外国人が撮った、エキゾチックすぎるTOKYO

TRiP EDiTOR編集部
2017/10/04

彼女の作風を見ると、日本の文化はとても控えめで彩りも乏しく、何だかやや物足りないのでは?という気がします。

ですがYuliaさんはこう語ります。

東京は本当にどこまでもユニーク!特に魅力なのは、その独特な『バランス』で、街の動きはとても速くて目まぐるしいのに、ここに居るとまるで山のように寛大な気持ちになれて、暮らしていてとても心地が良いの」

彼女を取り巻く日本の文化の何かが、彼女に居心地の良さを与えているのでしょうか。

「風景と人物を被写体とするのは、まったく別物のようだけど、私はいつも色使いを気にしたり、フォルムや細部までこだわりながら作品を手がけていて、作品のどこかに少しだけシュールレアリズムを表現したいと思っている。そういった点は、被写体に関係なく私の一貫した作風なの」

 

彼女が東京を選んだのではなく、東京が自身を選んだのだと強調するYuliaさん。

東京という街が持つ様々な建築物などが生み出すフォルムや光と陰、それもまた、日本の文化の一部だと語ります。そこに彼女がカメラを通じて手を加えることによって、建造物の形が鮮明に浮き上がり、ただの陰が意味を持つようになるのです。

 

今後も引き続き東京で活動していきたいというYuliaさん。やはり彼女の目には、外国人ならではの世界が広がっているように思います。さらに彼女のアーティスティックな感性が彩りを添え、私たちが何気ない日常を送る空間が一気に魅力を帯びるので、本当に不思議なものです。日本にもこういった外国人アーティストがどんどん増え、私たちに新しい観点やこれまで気づかなかった街の魅力を、違う視点から伝えて欲しいですよね。

 

YULIA SHUR氏
東京を拠点に活動する写真家。 主にファッションフォトグラファーとして活躍中。
Official Site  / Instagram

 

取材・文/貞賀 三奈美

 

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

ニッポンを愛する外国人が撮った、エキゾチックすぎるTOKYO
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに ★ 723
 埼玉 外国人もビビった。東京近郊に実在する、巨大な地下神殿に潜入取材 ★ 307
 鹿児島 女性の温泉探検記…鹿児島になぜか多い「家族風呂」が驚きだらけ ★ 125
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 246
 埼玉 ほんとにトトロいたんだもん。埼玉に実在する「トトロの森」に潜入 ★ 298
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 511