旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外国人にじわりと人気。知るひとぞ知るニッポンの「古民家ステイ」

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2020/01/14

近年、よく話題になっている古民家。全国的に古い建物を再利用した古民家に泊まるスタイルが、旅行者から人気を呼んでいます。日本国内だけに限らず、「古き良き日本を堪能できる」と、外国人旅行者の間でも話題のようです。

そこで今回は、都市部ではなかなか体験できない、地方の素敵な古民家ステイについてご紹介します。

「古民家」が静かなブーム

イメージ image by:photoAC

観光庁は一般住宅に有料で客を泊める民泊の営業ルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」を2018年に施行しました。

全国的な民泊解禁の影響もあり、従来のホテルや旅館だけではなく、宿泊先の多様化が高まっている昨今。なかでも「古民家ステイ」は注目を集める宿泊スタイルのひとつです。

歴史的な建築の良さを生かした古民家に泊まれる場所が全国的に増えており、静かなブームを呼んでいます。

以前も紹介しましたが、年間多数のお遍路さんが訪れる徳島県のお寺や古民家では、2017年4月より民泊をスタート。

また、山梨県の限界集落では20代の女性起業家が古民家ステイを展開し、いまでは多くの外国人観光客が訪れるほどの人気を集めています。

それにしても、古民家はなぜこんなに人気なのでしょうか?全国各地で注目を集める古民家に触れながら、人気の秘訣を一緒に考えてみましょう。

人気の理由 その1:歴史を感じさせる古い建物が魅力

LOOF2
山梨県笛吹市芦川町にある古民家一棟貸し宿「LOOF」image by:LOOF

まずひとつには、歴史を感じさせる古い建物そのもののが魅力的であることがあげられるでしょう。


tokushima-kominka03
徳島の平等寺image by:LOOF

かつては各地でみられた古いタイプの建築や内装は、最近ではあまり見かけなくなってきました。ホテルなどで洋室が主流になったいま、珍しくなった古民家の和室は訪問者を懐かしい気持ちにさせます。

人気の理由 その2:大自然に囲まれた立地

LOOF
静けさの中にステイ「LOOF」 image by:LOOF

古民家そのものの魅力に加えて、自然に囲まれているという場所も人気を集める理由のひとつではないでしょうか。

多くの古民家がある場所は手付かずの山や海に囲まれた自然が、すぐそこの手に届く場所にあります。特に慌ただしい都市部に住んでいる人にとっては、忙しさを忘れ、心も頭も無になれる場所として、古民家ステイは最適の場所に違いありません。

もちろん、このほかにも古民家の魅力はまだあるはず。早速、全国各地の古民家を見ていきましょう。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

外国人にじわりと人気。知るひとぞ知るニッポンの「古民家ステイ」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 いつか夢みた、着物デート。新たな彼の一面を知った金沢旅
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 268
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 580
 全国 日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は? ★ 1407
 京都 外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか? ★ 5926
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1134
 台湾 台湾と大阪、2つの地元を持つ日清食品の創業者「安藤百福」の半生 ★ 5445