ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに

TRiP EDiTOR編集部
2017/09/27

岐阜県飛騨地方にある、「日本昔ばなし」のような古民家

hida20170925
古い町並みが残る飛騨市内 / ©飛騨市

岐阜県北部の飛騨地方に位置する高山市は市町村面積が全国で最も広い場所として知られています。市内の中心地は江戸時代以降、城下町の景観が保たれ、近年では「日本の原風景を残す街」と呼ばれています。「日本昔ばなし」に出てくるような風景が残る高山市や飛騨市には多くの古民家が点在しています。

 

【高山市一之宮町】「日本の宿 ひだ高山 倭乃里」

wanosato
倭乃里

image by: Flickr / Nick Clayton

中でも人気なのが、「日本の宿 ひだ高山 倭乃里(わのさと)」。手付かずの自然が残された1500坪という広大な敷地にある古民家宿は8室ほどのみ。注目は本館にある囲炉裏。ここで獲れた魚を焼き、囲炉裏を囲んで夕食。地元名物の「かっぽ酒」も振る舞われます。

 

 

【飛騨市宮川町】何もないことを楽しむ「板倉の宿 種蔵」

itakura
棚田と板倉の里 image by: 飛騨市

飛騨市宮川町の種蔵地区にある、「板倉」と古民家が点在する、美しい里山が残る種蔵集落。「板倉」とはかつて1年分の穀物が貯蔵されていた蔵のことを指します。最も古い板倉は300年近くのものもあるのだとか。

こちらの集落にある一軒だけの古民家が「板倉の宿 種蔵」です。2008年に祢宜ケ沢上地区から移築した築100年以上の建物が宿泊先。改装されて中はキレイですが、古い歴史を感じさせます。古民家の近くはコンビにもないし、部屋にはテレビもありません。あるのは、素晴らしい大自然だけ!

itakura
image by: 飛騨市

 

何もないことを楽しむ贅沢な日常が待っていますね!

 

飛騨の旅 公式サイト

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 246
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 511
 全国 日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は? ★ 1232
 京都 外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか? ★ 3523
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 991
 台湾 台湾と大阪、2つの地元を持つ日清食品の創業者「安藤百福」の半生 ★ 5343