ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

名古屋に美味しいメシはあるのか?「なごやめし博覧会2017」に潜入

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/10/17

10月1日より11月19日まで開催している食べ歩きフェスの「なごやめし博覧会2017」。総勢230店舗以上のお店が参加し、手羽先、味噌カツ、名古屋コーチンなどの名古屋名物を期間中はお得な値段で提供するとあって好評です。無料メルマガ「名古屋グルメ情報」では、その博覧会に参加しているお店の7選のレポを紹介します。

 

極太麺が特徴。山本屋本店の「味噌煮込みうどん」

20171013_udon01

開催中のなごやめし博覧会に参加している山本屋本店で天ぷら入り味噌煮込みうどんをいただきました。博覧会チケット2枚(1200円相当)で食べることができます。

山本屋本店の天ぷら入り味噌煮込みうどんは、極太麺でとてもコシのある独特の麺に、かつおだしで仕立てられたあじ味噌がとてもクセになる美味しい汁が魅力です。

20171013_udon02
通常価格は1566円なので366円おトクです。※ランチメニューでは1458円なので、258円おトク。

 

海老の天ぷら2匹とご飯・漬物付。全席終日禁煙。

 

20171013_udon03

 

 

山本屋本店 栄中日ビル店
メニュー 天ぷら入り味噌煮込みうどん
料金   チケット2枚(1,200円)
場所   名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル B2F
電話   052-241-1939
営業時間 10:30~21:30
品質 料理:★★★★★、接客:★★★★☆、店舗:★★★★☆

 

朝10時から営業中の居酒屋、酒津屋の「名古屋めしセット」

20171016_nagoya04

開催中のなごやめし博覧会に参加している酒津屋で、名古屋めしセットをいただきました。

20171016_nagoya05

酒津屋の博覧会メニュー「えびカツなごやめしセット」は、プリプリ感のある海老カツと味噌串カツ、味噌奴がセットになったものです。ビールと一緒にいただくのがぴったりのメニューのようです。

20171016_nagoya06

栄地下街で、朝から居酒屋を営業している、酒飲みには重宝する店。全席終日喫煙。

 

酒津屋 東店
メニュー えびカツなごやめしセット
料金   チケット1枚(600円)
場所   名古屋市中区栄3-5-12 栄 森の地下街
電話   052-951-1130
営業時間 10:00~24:00
品質   料理:★★★☆☆、接客:★★★☆☆、店舗:★★☆☆☆

 

名古屋城の金鯱のようなエビフライ! あんかけ亭の「あんかけスパ」

20171016_nagoya07

開催中のなごやめし博覧会に参加しているあんかけ亭で、海老タルタルあんかけスパゲティをいただきました。

海老タルタルは、海老フライが3匹名古屋城の金鯱のようにのって、タルタルソースと相性があっていました。あんかけソースとコシのある麺に、たっぷりの淡路産玉ねぎ・ピーマン・ハムの具でレギュラーサイズでもボリュームしっかりです。

20171016_nagoya08
通常は880円ですが、博覧会チケット1枚(600円相当)で食べることができ、280円おトクです。

20171016_nagoya09

午後1時まで全席禁煙席、以降全席喫煙。

 

あんかけ亭
メニュー あんかけスパゲティ「海老タルタル」
料金   チケット1枚(600円)
場所   名古屋市中村区名駅南1-25-2 名鉄レジャック3F
電話   052-586-4657
営業時間 11:00~19:00(平日)、~14:30(日)
品質   料理:★★★★☆、接客:★★★☆☆、店舗:★★★☆☆

 

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

名古屋に美味しいメシはあるのか?「なごやめし博覧会2017」に潜入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 カゴメ・オタフク・ブルドック…。あなたはどのソース派? ★ 309
 愛知 気づいたのが遅すぎて…隠れスイーツ天国「名古屋」のリッチなかき氷 ★ 18
 愛知 路面電車を運転したい人が乱舞した、豊橋市のふるさと納税「返礼品」 ★ 28
 全国 なんて神々しい。日本の地元で語り継がれる神秘的な自然現象15選 ★ 895
 東京 知られざる東京の孤島「青ヶ島」にある、秘境感あふれる天然サウナ ★ 310
 滋賀 酒好きにはたまらない臭さ。魔性の味覚と呼ばれる滋賀の名物『鮒鮓』 ★ 122