旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

酒好きにはたまらない臭さ。魔性の味覚と呼ばれる滋賀の名物『鮒鮓』

飯塚玲児
飯塚玲児
2017/05/16

前回、旨すぎて言葉がでない滋賀県の郷土料理「鮒の子つき」について紹介しましたが、鮒料理でもうひとつ忘れてはいけないのが、「鮒鮓(ふなずし)」です。

紀行作家・郷土料理写真家の飯塚玲児さんによると、強烈な匂いのため、人によっては好きか嫌いかに別れる料理なんだそうですが、一度好きになったらやみつきになる「琵琶湖の魔味」だそうです。一体どんな代物なのでしょうか?

「琵琶湖の畔の“魔味”——鮒鮓」(滋賀県内各地)

fcbb837f10950685b6260a71d2636007
image by:photolibrary

とかく珍味と呼ばれるものは好き嫌いがはっきりと分かれるものだが、琵琶湖畔の名物である鮒鮓も、その代表格の一つだろう。

鮒鮓とよく対比されるものに、伊豆七島、特に新島の名物であるくさやの干物がある。くさやにしろ、鮒鮓にしろ、どちらも独特の香りがある。いや、香りというよりはむしろ匂い、さらに言ってしまえば“臭気”と呼んでもいい。はっきり言えば“臭い”のだ。

ところが、この“臭さ”こそが、両者の珍味としての地位を確立せしめているのだとも言える。天下の珍味を臭い臭いと言うと叱られそうだが、この強烈な匂いは、好きな人にとってはたまらなく芳しいものでもある。

この匂いが、熟成された身の味わいと合体したときにこそ、これらが“魔性の味覚としての底力を発揮する。臭くないくさやなんて面白くも何ともないし匂いがしない鮒鮓なんて気の抜けたビールのようなものだ。

鮒鮓はご存知の通り、琵琶湖で獲れるニゴロブナを材料にした“なれずし”である。以前もこのメルマガに登場した滋賀県五個荘町(現・東近江市)の観光担当者は、鮒寿司でも鮒鮨でもなく鮒鮓」である、というのが持論で、「乳酸醗酵して作るんやから、酸っぱいんや。江戸前の早寿司とは全然違うものなんや。だから酢と同じ“つくり”でなければあかんのや」と熱く語っていた。

今では地元・琵琶湖畔でも「鮒寿司」「鮒鮨」という表記をしばしば見かけるが、かの観光担当者の意見は、なるほど、と腑に落ちる説だ。よって本稿では“鮒鮓”の字を使う事にする。


【著者プロフィール】飯塚玲児/愛知県生まれ。紀行作家、郷土料理写真家。編集部記者として月刊誌の編集に携わりながら全国各地を取材。『クチコミおでかけ旅情報』編集長、創刊50年を誇る現役最古の旅行雑誌『月刊旅行読売』の編集長を歴任したのちに退職、独立。これまで編集した雑誌や情報誌は数100冊、過去に泊まった宿は800軒余、入浴した温泉は3000湯を超える。現在、週刊メルマガ「飯塚玲児の“一湯”両断!」と、記事単位で人気作家の記事が読める「mine」にも掲載。公式ブログ

酒好きにはたまらない臭さ。魔性の味覚と呼ばれる滋賀の名物『鮒鮓』
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 山梨 これが先人の知恵。甲州名物「ほうとう」は2度美味しい ★ 59
 静岡 グツグツ煮込んで磯の香り。南伊豆の伝統鍋料理「いけんだ煮味噌」 ★ 123
 広島 かつて「地図から消された島」が大人気。伝説のうさぎ島「大久野島」を訪ねて ★ 206
 愛媛 レモン=黄色は大間違い!魅力が再認識される岩城島「青いレモン」 ★ 187
 全国 日本の60歳以上が海外から高評価。世界40か国「民泊ホスト」調査 ★ 251
 広島 女神の島・宮島に誕生した、女性を夜まで虜にする広島のゲストハウス ★ 333