ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

日本で「オリーブ」をカルチャーに成長させた香川県・小豆島の知恵

牡丹餅あんこ
牡丹餅あんこ
2017/12/27

オリーブオイルができるところ

オリーブ摘みをした後は「東洋オリーブ」の工場へ。工場の中でオリーブオイルができるところを見学させてもらいました。

DSC_0266

丁寧に手摘みで収穫したオリーブは、フレッシュなうちに工場に運ばれ、日本最大の採油機で化学処理を行わずに採油します。工場では、自社製品にこだわり、精製加工から瓶詰まで一貫して行っているのだそう。

DSC_0288

オリーブの果実は、傷がついたところから急激に劣化するので摘んだらすぐに搾油し、フレッシュなうちに瓶に詰められていきます。

絞りたてを味見。これぞ工場見学の醍醐味!
絞りたてを味見。これぞ工場見学の醍醐味!

 

さっそく絞りたてのオリーブオイルを味見させていただきました。サッパリした香りとクセのない味わい。そして身体に沁み入るような深みを感じることができました。
なんか、これだけの量を体内に入れただけなのに、メチャクチャ健康になった気がするから不思議。
たぶん、いいものを作ろうという生産者の気持ちや小豆島の自然パワーなどのよい「氣」が集まっているからなのかも。

牡丹餅あんこ

■牡丹餅 あんこ■【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。
ツイッター(@ankobotamochi)
instagram(https://www.instagram.com/anko_botamochi)

日本で「オリーブ」をカルチャーに成長させた香川県・小豆島の知恵
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 香川 100年生きる、日本最古の原木。葉まで味わい尽くす小豆島のオリーブ ★ 82
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 886
 香川 それは小豆島で起きていた。舟に乗り、瀬戸内の海を渡る醤油の現場へ ★ 187
 中国 中国に誕生した超巨大な「図書館」の近未来感がハンパない ★ 426
 京都 歴代の皇后も参拝。全国でも珍しい女性守護の神社「いちひめ神社」 ★ 123
 台湾 台湾の夜に広がるラプンツェルの世界。伝統のランタン祭り「平渓天燈祭」へ ★ 107