ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

店主がツッコミ待ち。「かぶりもの」で買い物客をもてなす大阪の「笑」店街

吉村 智樹
吉村 智樹
2018/01/17

リアルな情報をマイクで拡散

そう、この「かぶりもの笑店街」には、もうひとつの特徴があります。それは「マイクパフォーマンス」

かぶりものをしているお店をはじめ商店街の「安売りニュース」「お得な情報」などをアーケードの中心部からMCがマイクで商店街全体に行きわたらせるという仕組み。

MC(この日は“おしゃべりアーティスト”の上田瑞穂さん)も、もちろん、かぶりもの着用。

たこ焼きのかぶりもの姿で取材したてのセール情報を話す「おしゃべりアーティスト」の上田瑞穂さん
たこ焼きのかぶりもの姿で取材したてのセール情報を話す「おしゃべりアーティスト」の上田瑞穂さん

 

買い物客はMCが話す「今日は○○というお肉屋さんが○割引です~」という声を聞きつけ、目印となるかぶりものの店へと向かうという流れ。決して単に奇をてらった地域おこしではなく、来客側にも便利なシステムなのです。

 

編集者が商店街をめぐって情報を収集

この「かぶりもの&マイクパフォーマンス」での商店街おこし「かぶりもの笑店街」を発起したのが、コミュニティスペース「情報発信 ドイノミクスStudio」を運営する白石光行さん(52歳)。母体となる地域活性化事業「本氣(マジ)メディア株式会社」の代表取締役です。

白石さんは土居のこのスタジオをひとつの拠点とし、Web情報サイト「号外NET」や街ネタアプリ「ジモネタ」の制作配信などを行っています。

 

「かぶりもの笑店街」の拠点である「ドイノミクスStudio」を運営する白石光行さん
「かぶりもの笑店街」の拠点である「ドイノミクスStudio」を運営する白石光行さん
アーケード商店街のなかにあるコミュニティスペース「ドイノミクスStudio」。外を覗いているのは、ゆるキャラ「メガ佐藤」くん
アーケード商店街のなかにあるコミュニティスペース「ドイノミクスStudio」。外を覗いているのは、ゆるキャラ「メガ佐藤」くん
料理教室までかぶりもの!
料理教室までかぶりもの!

 

5年前にオープンし、日頃は絵手紙教室や料理教室などワークショップの場に使われる「ドイノミクスStudio」。毎週土曜日になると、白石さんと、絵手紙の講師であり同社Webサイトの編集者である宮西陽子さんが商店街をくまなく巡り、お店に声をかけ、安売り情報などを訊きこみ調査。そこで得た最新ニュースを台本に起こします。

 

発起人の白石さんとWeb企画編集者の宮西陽子さんが商店街をくまなくめぐり各店舗のセール情報を集める
発起人の白石さんとWeb企画編集者の宮西陽子さんが商店街をくまなくめぐり各店舗のセール情報を集める

 

そうして情報を午前11時からマイクで拡散し、商店街全域にいるお客さんへと伝えるのが「かぶりもの笑店街」の一連の流れ。事前に収録した声を流すのではなく、話し手が商店街の真ん中に立ち、取材したてほやほやなリアル情報をリアルな声で届けるこの手法は、ありそうで意外とないもの。

 

吉村 智樹

京都在住の放送作家兼フリーライター。街歩きと路上観察をライフワークとし、街で撮ったヘンな看板などを集めた関西版VOW三部作(宝島社)を上梓。新刊は『恐怖電視台』(竹書房)『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。テレビは『LIFE夢のカタチ』(朝日放送)『京都浪漫』(KB京都/BS11)『おとなの秘密基地』(テレビ愛知)に参加。まぐまぐにて「まぬけもの中毒」というメールマガジンをほぼ日刊で発行している(購読無料)。

店主がツッコミ待ち。「かぶりもの」で買い物客をもてなす大阪の「笑」店街
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 大阪 いったいなぜ?「カレーパンで町おこし」をする東大阪市へ行ってきた ★ 476
 兵庫 玉ねぎで島を盛り上げたい。淡路島の「おっタマげ」な活動が話題 ★ 129
 全国 地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 2406
 長崎 長崎県民が教える、ふらり一人旅でも入りやすいカウンターのある居酒屋 ★ 216
 長野 「信州味噌」は東京を2度も救っていた。味噌王国・長野の歴史 ★ 53
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 954