ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

オムレツでまさかの町おこし。なぜ和歌山「はしもとオムレツ」は成功できたか

吉村 智樹
吉村 智樹
2018/04/04

その街でしか味わえない「ご当地グルメ」は、旅の大きな楽しみのひとつ。和歌山県の橋本市では「はしもとオムレツ」というご当地グルメで町おこしに成功しているのだとか。日本中どこでも食べられるオムレツと「はしもとオムレツ」では、いったいどこが違うのか? 現地で調査してきました。

水と緑の恵みに溢れた和歌山県橋本市

南海高野線の「紀ノ川橋梁」の眺めが美しい和歌山県橋本市

雄大な一級水系「紀の川」の流れを汲む和歌山県の橋本市。金剛山地、紀泉山地、紀伊山地に囲まれた、水と緑の恵みに溢れた街です。のんびりと低山ハイキングが楽しめるさまざまな散策コースが充実。高野山への参詣道「黒河道」(くろこみち)は世界遺産にも登録されました。

雄大な紀の川の流れを汲む風光明媚な街

そんなおいしい空気を満喫できる山あいのエリアでありながら南海高野線を利用すれば大阪市内からわずか1時間弱で到着。さらにJR和歌山線が乗り入れており、縦横のアクセスを可能にしています。ワンデイ・リフレッシュにもってこいな街なのです。

いったいなに? 謎の「はしもとオムレツ」

橋本市には、もうひとつの魅力があります。それが「オムレツ」。市内を歩けば、あちらこちらに「はしもとオムレツ」と染め抜かれた幟旗(のぼりばた)がたなびいているではありませんか。

街のいたるところに立てられた「はしもとオムレツ」の幟旗(のぼりばた)

オムレツが嫌いだという人は、そうそういないでしょう。溶きたまごにクリームやミルクを注ぎ、バターを敷いたフライパンで半月状に焼いて、「ぽんっ」とひっくり返してお皿へ。たまごの風味をしっかり楽しみたい人はプレーンオムレツに。とろりとした食感がお好きな方はアツアツのチーズオムレツ。さわやかな酸味を加えるならトマトオムレツ。挽き肉や玉ねぎなどを炒めて巻き込めば、おかず力が一気にアップ。じゃがいもやベーコンを和えたスパニッシュオムレツで気分を変えてみるのもいいですよね。

オムレツは朝食によし、ランチによし、晩ごはんによし。塩こしょう、ケチャップ、デミグラスソースなど合わせられる調味料も多種多彩。お米にもパンにもマッチする、グルメの万能選手です。

でも……オムレツは世界中で愛される素朴な定番メニュー。おいしいけれど、「ご当地グルメ」と呼ぶにはちょっぴり抵抗があります。それとも「はしもとオムレツ」は、我々が知っているオムレツとは違うものなのでしょうか?

それを調べるべく、橋本市役所「経済推進部」主幹・梅本利樹さんと主査・井上愛子さんにお話をうかがいました。

吉村 智樹

京都在住の放送作家兼フリーライター。街歩きと路上観察をライフワークとし、街で撮ったヘンな看板などを集めた関西版VOW三部作(宝島社)を上梓。新刊は『恐怖電視台』(竹書房)『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。テレビは『LIFE夢のカタチ』(朝日放送)『京都浪漫』(KB京都/BS11)『おとなの秘密基地』(テレビ愛知)に参加。まぐまぐにて「まぬけもの中毒」というメールマガジンをほぼ日刊で発行している(購読無料)。

オムレツでまさかの町おこし。なぜ和歌山「はしもとオムレツ」は成功できたか
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 大阪 おじさん、頭にコケが!? 岸和田市で環境緑化に取り組む「苔おじさん」 ★ 329
 全国 なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング ★ 1966
 大阪 店主がツッコミ待ち。「かぶりもの」で買い物客をもてなす大阪の「笑」店街 ★ 207
 兵庫 玉ねぎで島を盛り上げたい。淡路島の「おっタマげ」な活動が話題 ★ 129
 大阪 いったいなぜ?「カレーパンで町おこし」をする東大阪市へ行ってきた ★ 476
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 977