あまり語られることのない、ボーイング787-9のクセになる乗り心地

Array
2018/04/10

昨秋就航した「サンフランシスコ=シンガポール」路線

私は、最近シンガポールに出張したのですが、旅程を通じてこの「ダッシュ9」の恩恵を痛感しました。そのご報告をしたいと思います。まず、地元のニュージャージー(EWR:ニューアーク国際空港)からシンガポールの直行というのは、以前SQ(シンガポール航空)がエアバス340を使って19時間フライトというのをやっていたのですが、今は運休になっているので結局UAをチョイスしました。

UAは長い間、北米からシンガポールへの航路は、成田ハブもしくは香港乗り継ぎを推奨しており、NRT(成田)=SIN(シンガポール)とHKG(香港)=SINの2路線をデイリーで維持していたのです。ところが、正に「787」を使った「ポイント・トゥ・ポイント」戦略の教科書通り、この乗り継ぎを廃止して、その代わりにまず「SFO(サンフランシスコ)=SIN」という超長距離路線を開設、更に昨年秋からは、もっと長い「LAX(ロサンゼルス)=SIN」という路線を就航させています。

SFO経由でも良かったのですが、何と言っても「新しいUAの最長ルート」ということで、今回はLAX乗り継ぎを選択しました。それはともかく、その「LAX=SIN」の長距離フライトの前にも、実は色々と驚きがありました。

まず最初のEWR=LAXのポーションは普通の国内線で、今回はアップグレードに失敗したので、仕方なしにジュースをもらって我慢していたのですが、驚いたことにYキャビンであるにも関わらずホットミールが出たのです。そういうことをするらしいという話だけは、UAのプレスリリースで見ていたのですが、個人的には半信半疑でしたので、本当に出てきたのは感動でした。

アメリカの国内線のYキャビンでホットミールが無料で全員に出るというのは、考えてみれば911前の90年代以来だと思います。中身はインド風のチキンカレー、要するにカレーライスで、フルーツと、チョコレート・ブラウニーのデザートまで付いていました。

もっと驚いたのは、LAXのターミナル7です。長い間工事をしていて、余り良いイメージがなかったのですが、徐々に出来てきており非常に開放的で美しいターミナルになりつつあったのです。強烈だったのはUAのラウンジで、Cクラスの「ポラリス・ラウンジ」ではない普通の「ユナイテッド・クラブ」というラウンジだったのですが、広大で清潔なだけでなく、コンテンポラリーで明るく、しかもミールも充実していて、「本当に北米系?」という感じでした。

さて、本題の超長距離フライトですが、今回はUA37便でターミナル7のウィング突端の76Bからの乗機です。UAとの「くされ縁」の関係で、グループ1乗機のできる私は、Cキャビンを駆け抜けてサッサとYキャビンに乗り込みました。この787「ダッシュ9」は非常に新しい機材で、薄型のシートは整然と並び、青く光る大型のディスプレイ、そして同じく青く光るUSBポートなどが未来感を演出しています。

この日の「エコノミー・プラス」キャビンの乗機率は60%ぐらいで、UAにしてはスムーズに全員が乗機、手荷物も頭上ビンに収まってドア・クローズ。定刻少し前にプッシュバックして2基の巨大エンジンにパワーオン。22時台にも関わらず離陸は5機待ちとかで多少遅れたものの、22時35分には右側通行のランウェイ25Rからスッと離陸しました。


いま読まれてます
 神奈川 予約の取れない人気宿「箱根吟遊」に感じた、村上春樹の世界観 ★ 237
 ニューヨーク なぜLAは日本人を太らせるのか? 在米邦人が教えるNYとの違い ★ 284
 海外 もうパニックにならない。海外旅行で使える英会話【空港・機内編】 ★ 10
 東京 現役飛行機の間近で食事ができる調布「プロペラカフェ」に潜入 ★ 266
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 79
 東京 鉄道ファンの聖地にできた「プラレールが走るカフェ」に親子が殺到 ★ 207
 大阪 実はインスタ映えする伊丹空港周辺のキレイな夜景ツイートまとめ ★ 145
 全国 コロナ収束後に。一生に一度は乗ってみたい日本の豪華列車【2020】 ★ 1695
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
あまり語られることのない、ボーイング787-9のクセになる乗り心地
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます