あまり語られることのない、ボーイング787-9のクセになる乗り心地

Array
2018/04/10

「ダッシュ9」はボーイング787の完成形か

さて、数日間の仕事を終えて、今度は1日だけ東京へタッチするために、NH844という便に乗り込みました。これも夜行便で、しかもこの時の機材も「ダッシュ9」です。これも真っサラの新しい機体でした。チャンギ発22時25分。但し、今回のフライトタイムは6時間半という短さです。ですから、この時は乗機したらドアクローズで周囲が静かになった時点で眠ってしまうようにしました。

そんなわけで、このフライトでは24分の一気上昇というのは味わえなかったのですが、快適性ということでは同じでした。とにかく、気がついたら朝の5時少し前で朝食の準備中だったからです。シンガポールでの疲労もあったのかもしれませんが、このフライトでは本当に深く眠ることができました。これも「ダッシュ9効果」と言えると思います。その日は、東京で沢山の用事がありましたが、この日も疲労が出て困ることはありませんでした。

出張の最後は、HND朝便の「いつもの」NH110でJFK行きでした。これもナイス・フライトでした。最近の東行きにしては北のルート(アリューシャン列島をかすめる)だったこともあり、フライトタイムは12時間半。UA37の17時間半と比べると「アッという間」であり、もうこうなると「フライト中毒」という感じです。ただ、787の「ダッシュ9」を連続2区間乗った後ですと、777の「ダッシュ300ER」は機材に古さを感じてしまったのも事実です。

ところで、最初のポーションの大陸横断の機材は757の「ダッシュ200」で悪い飛行機ではないんですが、設計の古さは否めません。代替機としての「797(?)」の開発が待ち望まれます。開発ということでは、787には更に「ダッシュ10」という超長胴バージョンが存在し、これからどんどん就役することになりますが、大型化された分だけ航続距離が短くなっているので、北米からシンガポール直行というような路線には使えません。

ということで、この「ダッシュ9」というのが787の一つの到達点と言いますか、完成形ということになります。是非、ロングホールのフライトでその素晴らしさを体験されることをお勧めしたいと思います。

いま読まれてます

『冷泉彰彦のプリンストン通信』/東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を寄稿。米国と日本を行き来する冷泉さんだからこその鋭い記事が人気のメルマガは毎月第1~第4火曜日配信。

 神奈川 予約の取れない人気宿「箱根吟遊」に感じた、村上春樹の世界観 ★ 237
 ニューヨーク なぜLAは日本人を太らせるのか? 在米邦人が教えるNYとの違い ★ 284
 海外 もうパニックにならない。海外旅行で使える英会話【空港・機内編】 ★ 10
 東京 現役飛行機の間近で食事ができる調布「プロペラカフェ」に潜入 ★ 266
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 79
 東京 鉄道ファンの聖地にできた「プラレールが走るカフェ」に親子が殺到 ★ 207
 大阪 実はインスタ映えする伊丹空港周辺のキレイな夜景ツイートまとめ ★ 145
 全国 コロナ収束後に。一生に一度は乗ってみたい日本の豪華列車【2020】 ★ 1695
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
あまり語られることのない、ボーイング787-9のクセになる乗り心地
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます