旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

今年のGW、どの辺が混みそう? 宿泊予約データから割り出した混雑エリア

末次優花
末次優花
2018/04/18

もうすぐ春の大型連休、ゴールデンウィーク(以下、GW)ですね! 友人同士や家族で旅行に出かける予定の方はワクワクした待ち遠しい気持ちでいっぱいかもしれません。

しかし、GWは特に外出する人が多いため、どの観光地も「混雑」していることが多いです。混んでるせいで、宿泊するホテルを予約できなかったり、行きたかった観光地が観光客でごった返していたり。

「楽しみだった旅行をもっと楽しむために、どの観光地がどれくらい混むのか?知ることができたらいいな…」と思う方も多いのではないでしょうか。そもそも混んでるところには行きたくないという方も。

そんな方に朗報です。日本観光振興協会より、2018年のGWの観光予報が発表されました。なんでも宿泊予約状況をもとに、日本全国のどの地域が、いつ混雑するのかを予測しているのだとか。

さっそく具体的な予報を見ていきましょう!

ゴールデンウィーク、空いている観光地は北海道と中国・四国

予報によると、「かなりの混雑」が予想されるのは、東京・大阪・名古屋・仙台などの大都市圏と九州の福岡・長崎・宮崎でした。続いて山形、箱根、京都、那覇も混雑が予想されています。一方、比較的「空いている」と予想されるのは、札幌・小樽、金沢、広島、松江、松山だということです。このデータは宿泊予約データをもとにしているため、地元民や交通機関利用による日帰り客はカウントされていないのですが、ある程度も混雑予想としては参考になりそうですね。

日本人と外国人を分けて混雑状況を見てみると、外国人に人気の観光地は、沖縄、大阪、福岡、東京などでした。また、前年との増減を見てみると、前年より混雑が予想されるのは仙台のみで、その他の観光地は軒並み70〜80%と、前年割れの混雑状況と見込まれています。

以上のことから、今から旅行先を決めるなら空いている北海道や中国・四国地方が狙い目、またそれ以外の場所についても、前年よりも1〜2割は空いていると予想できます。


末次優花

鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。
人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

今年のGW、どの辺が混みそう? 宿泊予約データから割り出した混雑エリア
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アジア GWに「プチ海外移住」するなら、バリ島の楽園・ウブドで決まりでしょ ★ 32
 全国 だめだ、もう花粉が……週末だけでも花粉がない「避粉の旅」人気エリア ★ 378
 鳥取 海外でも反響、日本発祥の「森林浴」を楽しむ外国人観光客が増えるワケ ★ 1142
 兵庫 玉ねぎで島を盛り上げたい。淡路島の「おっタマげ」な活動が話題 ★ 132
 タイ バンコクのカオサンロードは今もバックパッカーの「聖地」なのか? ★ 59
 千葉 ムーミン谷を走る「いすみ鉄道」が、いま中高齢旅行客にウケるわけ ★ 356
 東京 地名で歩く東京散歩。新宿にある静寂の街「愛住町」のナゾ ★ 97