旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

今年のGW、どの辺が混みそう? 宿泊予約データから割り出した混雑エリア

末次優花
末次優花
2018/04/18

今年のGW、前半と後半、どっちが混雑する?

2018年のGWは「前半」と「後半」に分かれています。

「前半」4/28からの土日を含めた3連休(4/28~30)
「後半」5/3からの4連休(5/3~6)

前半と後半なら、どっちが狙い目なのでしょうか? ではこの期間中の国内各市区町村の宿泊予約動向を見てみましょう。

グラフをみると、4/28〜5/6 までのGW期間中の宿泊者数(予測値)は、前半よりも後半の連休のほうが多い傾向にあります。

最も宿泊者数が多いと予測されるのは5/3と 5/4で、混雑率は全国平均で30%超え。GW後半に旅行を予定されている方は特に混雑するかもしれません。

5/3に宿泊者数(予測値)が最も多い都道府県はどこ?

次に、GW期間中に最も宿泊者数が多いと予測される5/3の都道府県別の宿泊者数の分布状況をみてみましょう。

ランキングを見ると、突出して多いのは第1位「北海道(6.6%)」と第2位「東京都(6.4%)」となっています。北海道や東京への旅行を計画している方は、早めに宿泊先の予約をした方がよさそうです。

次に多いのは、「新潟県(4.3%)」、「長野県(4.3%)」そして「静岡県(3.6%)」、そのほか多くの都道府県は全体数に対して2~3%の割合となっており、宿泊者が分散する予測となっています。

逆にまだGWの予定を立ててない方は、空いてそうなエリアに旅行するというのも賢い選択ですね。 


※本Topicsに表記している『宿泊者数(予測値)』は、2018年3月15日時点の宿泊予約状況をもとに推計したものです。3月15日以降の予約状況により変動します。

末次優花

鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。
人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

今年のGW、どの辺が混みそう? 宿泊予約データから割り出した混雑エリア
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アジア GWに「プチ海外移住」するなら、バリ島の楽園・ウブドで決まりでしょ ★ 32
 全国 だめだ、もう花粉が……週末だけでも花粉がない「避粉の旅」人気エリア ★ 378
 鳥取 海外でも反響、日本発祥の「森林浴」を楽しむ外国人観光客が増えるワケ ★ 1148
 兵庫 玉ねぎで島を盛り上げたい。淡路島の「おっタマげ」な活動が話題 ★ 133
 タイ バンコクのカオサンロードは今もバックパッカーの「聖地」なのか? ★ 59
 千葉 ムーミン谷を走る「いすみ鉄道」が、いま中高齢旅行客にウケるわけ ★ 356
 東京 地名で歩く東京散歩。新宿にある静寂の街「愛住町」のナゾ ★ 97