旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

台湾はもう大丈夫だよ。一青妙さんが教える「花蓮」の通な歩き方

一青妙
一青妙
2018/05/12

2018年2月に大きな地震に見舞われながらも、以前と変わらぬ日常を取り戻しつつある台湾東部最大の街・花蓮の魅力を、エッセイストの一青妙(ひととたえ)さんがご案内。B級グルメを取り上げた第1回絶品スイーツが登場した第2回に続く今回は、市内に点在するレトロなおしゃれスポットと、豊かな自然と良質な温泉が楽しめる花蓮郊外をご紹介します。

リノベで魅力倍増の花蓮

花蓮は、台湾の東側にある。九州ほどの大きさのサツマイモ型をした台湾の中央には、高さ3千メートル級の中央山脈が貫いている。都市は海岸線沿いに広がり、平地は西側に多く、新幹線や鉄道などは西部での開発が優先されてきた。急峻な峡谷や断崖絶壁の多い東部の工事はなにかと難航し、遅々として進まない状況が長年続いて来た。

困難極まりないと言われ続けた花蓮港が完成したのは、日本の台湾統治も末期にさしかった1939年。以降、日本との航路がぐっと便利になり、現在では台湾4大国際商港のひとつに数えられている。花蓮港を起点といた太平洋でのイルカやクジラのウォッチングのメッカとしても人気だ。

港に沿って形成された花蓮の街に残っている日本統治時代の建物は、リノベーションが施され、おしゃれスポットとして再び生命を吹きこまれている。

昔の港湾局宿舎や倉庫群をリノベーションしたカフェやギャラリー、民宿が花蓮港すぐ近くの「The Leaf Inn 葉宿文旅」だ。一部屋ごとに、異なった台湾人デザイナーがデザインを施し、ユニークで個性がある。

観光地情報

近くには樹齢100年を越える立派な琉球松がシンボリックに植えられた観光スポット「松園別館」がある。日本統治時代は「花蓮港兵事部」として建てられ回廊式の二階建て洋館だ。軍事指揮を執ると同時に、上級士官の接待宿泊所として利用されてきた。また神風特攻隊員が出征前に天皇からの「御前酒」を賜る場所だったとも言われている。台湾で最も保存状態のよい日本統治時代の軍事施設であり、カフェやお土産ショップもあるので、ゆっくりと建物や展示を見学し、のんびりと過ごせる。

観光地情報
  • 松園別館
  • 花蓮県花蓮市松園街65号

その近くには、日本統治時代の日本軍の高官用の木造宿舎群「将軍府」がある。当時の指揮官であった中村大佐の宿舎も含まれている。漢人たちは「偉い人」が住んでいるということで「将軍府」と呼んでいたらしい。

観光地情報
  • 将軍府
  • 花蓮県花蓮市中正路622巷6号

一青妙

エッセイスト・女優・歯科医。台湾人の父と、日本人の母との間に生まれ、幼少期は台湾で暮らした。現在、台南市親善大使や石川県中能登町観光大使に任命され、日台の架け橋となる文化交流活動に力を入れる。家族や台湾をテーマにエッセイを執筆し、著書の『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』(共に講談社)を原作にした日台合作映画『ママ、ごはんまだ?』がある。趣味はサイクリング。最新作は、台湾一周を自転車で走った体験記『環島 ぐるっと台湾一周の旅』(東洋経済新報社)。今回の連載で取り上げる花蓮に関する詳しい内容は『わたしの台湾・東海岸「もう一つの台湾」をめぐる旅』(新潮社)に記載されている。

台湾はもう大丈夫だよ。一青妙さんが教える「花蓮」の通な歩き方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 台湾は元気でやっています。一青妙さんも応援している思い出の「花蓮」 ★ 1240
 台湾 美味しい台湾においでよ。一青妙さんがおすすめ、思い出の「花蓮」スイーツ ★ 338
 台湾 台湾ありがとう。震災義援金の感謝を伝える「環島」の旅、スタート ★ 104
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 北海道 【函館】築85年の旧銀行が、こんなにモダンなホテルになりました ★ 82
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 437
 福井 「晴明神社」は京都だけじゃない。北陸のレトロな港町・敦賀を行く ★ 14