旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なぜ1位に宮城? 外国人の夏休み旅行で人気急上昇のエリアランキング

TRiP EDiTOR編集部 k
2018/09/05

第2位:岡山県(+218.1%)

岡山県は前年同期と比べると+218.1%、約3.2倍の予約増。観光スポットの人気が訪日客の間で高まり、宿泊者数は6年連続で増えています。日本100名城に選ばれている「岡山城」は黒漆塗りの外観が特徴的で、別名「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。近くには日本三名園の一つ「後楽園」があり、四季折々の美しい景色が魅力的で、秋になると城とともに紅葉も楽しむことができます。また倉敷市の美観地区では緩やかに流れる倉敷川で風情ある川流しが人気です。

岡山桃太郎空港は、ソウル、上海、香港、台北を結ぶチャーター便・臨時便が運航しています。2018年3月には台湾のLCCタイガーエア台湾の岡山~台北(桃園)線が増便し、その影響もあってか台湾在住の利用者が最も多い結果になりました。訪日旅行者の宿泊者数は2017年度まで6年連続で増加しています。

また地域の活性化を図るための事業「賑わい創出事業」が定着したことも影響しているとも考えられています。県が管理する後楽園と市が管理する岡山城が連携して、幻想庭園や鳥城灯源郷といったライトアップイベントを同時に開催したことで集客増に大きく貢献しました。このように県が市と協力して地域活性化と同時に外国人の受け入れ体制の整備を進めているのです。

後楽園 image by: Shutterstock.com
紅葉と岡山城 image by: Shutterstock.com
川流し image by: Shutterstock.com

 

You Only live Onceさん(@travelholick)がシェアした投稿

岡山は私のなかでいつも特別な場所。

岡山城はオールブラック! 全国でここだけ!

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

なぜ1位に宮城? 外国人の夏休み旅行で人気急上昇のエリアランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 外国人が穴場だと思う、東京の裏観光スポット ★ 289
 国内 日本の夕日は美しい。絶景の夕日が見れる全国スポットランキング ★ 611
 埼玉 もう既にあった。埼玉飯能市に存在する、もう一つの「ムーミン谷」 ★ 143
 鳥取 鳥取vs吉祥寺。日本一住みたい田舎が「東京の生活」を挑発 ★ 293
 海外 韓国が1位。日本人が夏に行きたい「海外旅行ランキング」TOP10 ★ 534
 国内 1位は奄美大島。2018年夏、人気急上昇の「離島」ランキング ★ 1629