旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

復興の象徴「ブルーインパルス」が空駆ける特別な一日

Haru
2018/09/22
image by : y_seki/ Shutterstock.com

九州の芦屋基地にいたブルーインパルスのパイロットや関係者たちは、芦屋基地に機体を残してホームである松島基地にバスや輸送機などで戻りました。

基地がある東松山市の被害は非常に大きかったのですが、松島基地は震災から3日で滑走路を使用できる状態に応急復旧させ、救援物資の供給拠点とし運用しました。松島基地の隊員たちは物資輸送や炊き出し支援、行方不明者捜索などを行っています。

震災発生から2か月ほどたった5月に、ブルーインパルスのパイロットたちは芦屋基地に戻り訓練を再開しましたが、隊員たちは「飛ぶことが復興につながるのか?」などという葛藤があったと言われています。

8月20日には、東松島市で開催された復興イベント「ありがとう!東松島元気フェスタ」に、ブルーインパルス参加しました。大空を翔るその姿にたくさんの人々が大歓声をあげ、ブルーインパルスは東日本大震災の復興の象徴にもなったのです。

その後、復興が進んだ松島基地へ、2012年度内にブルーインパルスが帰還することになり、2013年3月25日に芦屋基地で展示飛行と期間記念式が開催されました。その際、2011年の3月12日に九州新幹線開通記念で披露する予定だった新課目「サクラ」も披露。2013年3月30日に帰隊、31日に帰還記念式典が行われたのです。

気になるアクセス

ブルーインパルスの展示飛行は航空祭最大のハイライト!image by : y_seki/ Shutterstock.com

復興の象徴になり、人々へ多くの感動を与える「ブルーインパルス」が見られるのが、2018年は11月3日(土)に入間基地で開催される航空祭です。

入間基地は池袋からもアクセスしやすく、西武鉄道の西武池袋線「稲荷山公園駅」が最寄り駅になります。しかしながら、航空祭は多い時で20万人を超えるというほど、とにかく人が集まります。臨時列車の運行もありますが、電車は非常に混雑し、ダイヤの乱れが発生することもあります。

できるだけ混雑を避けて航空祭を楽しむなら、バスツアーを利用するのも一つの手段です。バスの座席は一人ずつ座れますし、気楽に参加できますね。またお昼付きのプランなどもあるので、ランチ時に長蛇の列に並ぶこともないのもおすすめのポイントです。便利でラクに参加するなら「バスツアー」ですね。

今回はブルーインパルスの歴史と魅力、そして入間基地航空祭に参加する際にオススメのアクセス方法についてご紹介しました。青空に広がるブルーインパルスの美しい軌跡は、一度は見ておきたい景色です。


ぜひ今年はバスツアーを使って、入間基地で開催される航空祭へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

なお当日は混雑が予想されます。昼食や飲み物、レジャーシート(使用可能エリアのみ)などを持参していくと重宝しますよ。

image by:Haru

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

復興の象徴「ブルーインパルス」が空駆ける特別な一日
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 242
 富山 冷やし中華もイノシシも挟む。個性派コンビニ「立山サンダーバード」の魅力 ★ 69
  愛知県強し。日本全国工場&社会科見学ランキング2018 ★ 56
 沖縄 境内には鍾乳洞。戦火を逃れた琉球八社のひとつ、金武観音寺を往く ★ 23
 全国 日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選 ★ 1132