旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ハワイVS沖縄、日本人はどちらを選ぶ?超人気のトロピカルリゾートを徹底比較

TRiP EDiTOR ニュース
2018/10/20

ハワイも沖縄も、海に囲まれたトロピカルリゾートです。どちらも滞在したい人気旅行先だけに、どんな違いがあるのか気になるところ。今回、総合旅行サイト「阪急交通社」がハワイと沖縄を徹底比較しました。これからの旅の参考に、さっそく紹介していきます。

人口はほとんど同じなのに、陸地面積はハワイが7倍以上も

人口 : 沖縄は2015年国勢調査より。ハワイは「State of Hawaii Data Book, 2016」より/年間平均気温は気象庁ホームページより2017年のデータ

まず、沖縄とハワイを基本情報で比較しましょう。陸地面積(離島含む)は、沖縄が約2,281平方キロメートル、ハワイが1万6,634平方キロメートル。ハワイの方が7倍以上も広く、その差1万4,353平方キロメートルもあります。島の数では、沖縄が160で、ハワイの132を上回っています。一方、人口はどちらも140万人台と、ほぼ同じです。 

また、気温はどうでしょうか。年間平均気温で見ると、沖縄・那覇が23.6度ハワイ・ホノルルが25.7度となっています。「やっぱり、ハワイの方が暖かいね」と納得しそうになりましたが、気になったので気象庁のホームページでもう少し調べて見ました。

ハワイの方が陸地面積は広い

確かに、年平均気温はホノルルの方が高いのですが、月別の平均気温を調べると、2017年の7月から10月までの4ヵ月間は、那覇の方が高温です。例えば 8月の那覇は30.4度。ホノルルは28.0度で、東京よりも涼しそうです。2018年の酷暑から考えると、夏休み期間のハワイ旅行は「避暑」とも言えますね。

旅行日程などに大きく関わる「移動時間」については、ハワイへのフライト時間は沖縄の約3倍以上。さらに、海外旅行である以上、出国手続など、国内旅行では必要のない時間も移動時間に含める必要があり、移動時間は圧倒的な差があると言えます。

image by:YAKOBCHUK VASYL/Shutterstock.com

また、ハワイ旅行は日付変更線を超えての長距離移動です。時差は19時間もあり「時差ボケ」が心配です。時差ボケ解消には、強い太陽光線が効果的とか。滞在初日は、ビーチやプールで日光浴したり、街を散策したり、のんびりと過ごすのが良いのかもしれません。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

ハワイVS沖縄、日本人はどちらを選ぶ?超人気のトロピカルリゾートを徹底比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 1位は徳島。夏の国内旅行、今年の人気上昇ランキングで四国に関心集まる ★ 1937
 沖縄 この青、美しすぎて表現できない。宮古の日本一美しい橋「池間大橋」 ★ 109
 沖縄 台風情報でよく聞く「南大東島」がトリビアまみれの島だった ★ 143
 中東/アフリカ フランス版のハワイ、日本人がまだ知らない世界遺産「レユニオン島」へ ★ 55
 海外 3位台湾、2位ソウル、1位は? 好きな「海外の空港」調査結果 ★ 386