旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

神様が創った最後の楽園。自然豊かな美しき秘境、フィリピン「EL NIDO」

Array
2018/11/02

島を船で尋ねる「アイランドホッピング」

アイランドホッピングの代表ポイントである「ビッグラグーン」

さて、このエルニドを訪れる旅人の目的は、ずばり“アイランドホッピング”。エルニドの西には大小たくさんの島が浮かび、ほとんどが無人島。点在する美しい天然のビーチや、洞窟、うっとりするような色彩の入江ダイビングやシュノーケリングスポットを船で訪ね歩くのです。

秘密のラグーンをカヤックで散策

無人島の誰もいないビーチを独り占めしたり、切り立つ岩肌の間に突然出現する桃源郷のようなラグーンでは、真水と海水が交わる不思議な泉を探索したり、透明度抜群のきらめく海の中熱帯魚を追いかけて潜ったり、訪れるポイントによって異なる景色と世界が楽しめます。

ときに無人島を我が物顏で闊歩する大トカゲに出くわしたり、緑の木々の間をするりと飛んでいく鳥たちの目も覚めるような鮮やかなカラーに感動したり、次から次に現れる想像を超えた美しいエルニドの海と大自然に、ここが“最後の秘境”と呼ばれるゆえんも納得するというもの。運がよければ白い猿の姿に出会うこともあるのだとか!

アイランドホッピングのお楽しみ、無人島ランチ。 BBQグリルで焼いてくれるお肉やお魚が美味

また、アイランドホッピングだけでなく、エルニドタウン近郊のビーチや滝、迫力満点の崖、さらには温泉などを訪ねるランドツアーもあり、海も山も両方楽しむことができるのがエルニドの魅力。ここまで海が素晴らしいリゾート地で、山の自然も満喫できるとはかなり贅沢なロケーション。“神様が創った最後の楽園”と呼びたくなる気持ちもよくわかります。

いざ、アイランドホッピングへ

このアイランドホッピングやランドツアーは、旅行者が効率よく名所を見てまわれるためにと海上交通も考えてのことだと思うのですが、基本的にコースになっていて、内容の異なるいくつかのコースが用意されています。コース内容はエルニド内で共通となっていて、プライベートツアーを申し込む以外は、どこのツアー会社に申し込んでも、どのリゾートで手配を頼んでも変わることはありません。

ちなみに、アイランドホッピングのお値段はコースにもよりますが、2018年現在1人1,200ペソ〜。1ペソが約2円強なので、2,400円ちょっとという計算です。

一島一リゾート、ラグジュアリーなバケーション

エルニドを訪れる目的のもうひとつにアイランドリゾートがあります。アイランドホッピングで必ず訪れるマティンロック島やミニロック島をはじめ、ラゲン島など点在する離島のいくつかは、1島1リゾートのラグジュアリーリゾートとなって、優雅な滞在が楽しめるようになっています。

確かにお値段のほうもそれなりにしますが、憧れの水上コテージでのバケーションが楽しめるならたまにはちょっと贅沢もあり!

フィリピンでビールといえばスッキリとした飲み口の「サンミゲル」

朝目が覚めたらそのまま海へ飛び込んでシュノーケリングしたり、波の音を子守歌に過ごしたり、砂浜の上に寝転んで降り注ぐ星空を眺めたり、美しい珊瑚礁の海と自然を最大限に楽しめるのは離島リゾートならでは。もちろんリゾートを拠点に他の島へアイランドホッピングへ出かけることも可能。とことん島滞在にこだわった夢のバケーションもエルニドなら簡単に叶います。


いま読まれてます

 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 321
 台湾 台湾で「神様」になった日本人・小林三武郎氏の数奇な運命 ★ 1650
 台湾 子連れ海外旅行で困るご飯問題、台湾では激旨お粥「サバヒー粥」がいい ★ 859
 海外 3位台湾、2位ソウル、1位は? 好きな「海外の空港」調査結果 ★ 387
 国内 2位に福岡がランクイン。韓国人が弾丸旅行でも行きたい人気エリア ★ 19
神様が創った最後の楽園。自然豊かな美しき秘境、フィリピン「EL NIDO」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます