旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一生に一度は訪れたい。夢のミリタリーイベント「富士総合火力演習」

Haru
2018/11/09

一年に一度、静岡県御殿場市で開催される、自衛隊の演習が間近に見ることができるミリタリーイベント「富士総合火力演習」。大迫力の演習が目の前で見ることができるため、ミリタリーファンならずとも一生に一度は覗いてみたいイベントです。

そんな夢のようなミリタリーイベント、実際にどのような内容なのか、また参加するにはどうしたらいいのでしょうか。さっそく、気になる詳細をご紹介していきます。

富士総合火力演習とは

90式戦車(image by:富士総合火力演習 – 防衛省

富士総合火力演習」とは、静岡県御殿場市にある東富士演習場(畑岡地区)で陸上自衛隊が行っている演習です。1961年(昭和36年)から陸上自衛隊富士学校の学生教育の一環として始まり、1966年(昭和41年)から一般公開が開始されました。

陸上自衛隊では最大規模の実弾演習を行う、略して「総火演(そうかえん)」とも呼ばれる総合火力演習。普段見ることができない演習を間近に見ることができるため、チケットは無料ですが事前申し込みが必要であり、当選は狭き門と言われるほど人気を集めています。

例年8月ごろに開催され、2018年8月に開催された富士総合火力演習は隊員約2,400名、航空機約20機、戦車や装甲車約80両、各種火砲約60門という大規模なもので、来場者数は約2万4000人にも上りました。

「総火演」では何を見ることができるの?

10式戦車(image by:富士総合火力演習 – 防衛省

陸上自衛隊というと「戦車」をイメージする方が多いのではないでしょうか。「総火演」では、「10式戦車」や、正確には戦車ではありませんが「16式機動戦闘車」などの迫力ある発砲シーンを見ることができます。また戦車だけでなく装甲車やヘリコプターなども多く登場することから、見どころが凝縮されているミリタリーイベントといえるでしょう。

対戦車ヘリコプター(image by:富士総合火力演習 – 防衛省

なお、演習自体は前段、後段の2部構成に分かれています。「平成30年度富士総合火力演習」の前段演習では、遠距離、中距離火力、近距離火力、ヘリコプター火力、対空火力、戦車等火力といった自衛隊の装備品の紹介、実弾射撃を行なわれました。

偵察用オートバイの進入(image by:富士総合火力演習 – 防衛省

また後段演習では、「島嶼部(島々)に対する攻撃への対応」を想定した部隊配置、機動展開、奪回というシナリオの総合的な演習を見ることができました。普段目にすることができない自衛隊の装備や、目前で繰り広げられる実弾射撃は圧巻の一言。ミリタリーファンでなくとも楽しめますよ。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

一生に一度は訪れたい。夢のミリタリーイベント「富士総合火力演習」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 293
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 国内 あの絶景を鉄道で。憧れの全国「観光列車」ランキング TOP10 ★ 348
 千葉 まるでドムが覗いているような、千葉の軍事遺跡「掩体壕」の正体 ★ 189
 広島 かつて「地図から消された島」が大人気。伝説のうさぎ島を訪ねて ★ 184