旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

人が芸術になる瞬間。「メルセ祭り」で限界を超えた美しさを見てきた

Haru
2018/12/19

4mを超える巨大人形のパレードも必見!

image by:Vladimir Koshkarov/Shutterstock.com

メルセ祭りの一大イベントは人間の塔ですが、そのほかのイベントも盛り沢山。なかでも、観光客である私たちが見て楽しいのが“Gigantes“(ヒガンテス)と呼ばれる、高さ4mを超える巨大な人形のパレードです。

例年9月24日朝11時ごろから旧市街で行われるパレードで、先程のサン・ジャウマ広場でも行われています。「人間の塔」と合わせて見学しましょう。

image by:Vladimir Koshkarov/Shutterstock.com

ヒガンテスたちは通りを行進した後にサン・ジャウマ広場に入り、そこでダンスが披露されます。カタルーニャ地方伝統の民族衣装をまとったヒガンテスたちのダンスは迫力満点。想像以上に細やかな動きをする巨大人形に釘付けになること間違いなしです。

夜は“Correfoc”へ行こう

image by:Megapixeles.es/Shutterstock.com

大きな人形のパレード、人間の塔、民族衣装を着た人たちのダンスなどほのぼのとしたイベント、ハラハラするイベントが続くメルセ祭り。そして夜に行われるのが“Correfoc”(コレフォック)という、松明と花火で悪魔を追い払うイベントです。このコレフォック、参加するには少し勇気のいるイベントかも…。

まず日が暮れ始める18時ごろ、コレフォックの行進が始まります。先頭に立つのがカトリックの国らしく、さまざまな「悪魔」の人形たち。大人でも恐怖を感じるほど精巧に造られた悪魔たちが練り歩きます。

image by:Megapixeles.es/Shutterstock.com

そして後に続くのが、悪魔を追い払う人々。さらに太鼓部隊も通ります。この悪魔、追い払う人、周囲の人と全員がなんと、棒に花火を刺して火を付けて走り回るのです。

image by:Anky/Shutterstock.com

辺りは爆竹の音と花火の音、そして太鼓の音で満たされます。上から火の粉が降ってくるので本当にスリル満点。スペインには少し危険を伴うお祭りがいくつかありますが、個人的にはこのコレフォックはかなりクレイジーなイベントだと感じました。

image by:Anky/Shutterstock.com

それでも終わった後に「楽しかった!」「また参加したい!」という人が多いのも、コレフォックの特徴です。長袖、長ズボン、帽子、スニーカー、そして顔にはバンダナと完全防備で行ってみてください。クセになるかもしれません。

落ち着いた大人の街という印象のバルセロナの、少し違う一面を目撃できるメルセ祭り。2019年も9月21日から24日までの開催予定です。奥深いスペインの魅力を掘り出しに、来年は訪れてみてはいかがでしょうか。

image by:David Ortega Baglietto/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

人が芸術になる瞬間。「メルセ祭り」で限界を超えた美しさを見てきた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社KPG HOTEL&RESORT 美しい海を目の前に。愛犬と「アイランド ナガサキ」で過ごす癒し旅
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1210
 国内 居酒屋で勝手に「お通し」がでるのはなぜ? 外国人が思う日本のフシギ ★ 203
 その他のエリア 日本を愛する外国人が、日本での生活で困っていること ★ 162
 スペイン 考えるな、トマトを投げろ。無心で騒げる奇祭「La Tomatina」 ★ 26
 スペイン 非現実的な光景。街中で巨大人形を燃やしまくる「バレンシアの火祭り」 ★ 31