旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

財布もレジも袋詰めもいらない。ハイテクすぎるキャッシュレススーパー

Elie
Elie
2019/01/09

日本では支払いはまだまだ現金が主流ですが、近隣アジア諸国ではカードやアプリでの支払いが当たり前です。

そんななか、シンガポールで最近話題を呼んでいるのが、2018年10月にオープンしたキャッシュレスのスーパーです。新しいもの好きのシンガポール人が週末に訪れる、いま注目のスポットにさっそく潜入してきました。一体どんなスーパーなのでしょうか?

シンガポール初!キャッシュレススーパーが人気

中心地から離れた場所にあるにもかかわらず、オープンから約2ヶ月が経っても、平日・週末問わず、多くの人でにぎわっている注目のスポットがあります。それが、国内初のキャッシュレススーパーマーケット「habitat by honestbee」です。

このスーパーを運営するのは、オンラインデリバリーの「honestbee」です。2014年に創業以来、本拠地シンガポールを中心に、日本、香港、台湾など16都市でサービスを展開しており、habitat by honestbeeが初の実店舗です。

最寄り駅のMRT駅から徒歩7、8分のところにありますが、メインの通りからは少し離れているため、こんなところに話題のスーパーがあるの?と思うような奥まったところに同施設は位置しています。

入り口に到着すると、キュートなマスコットキャラクターのハチ(Bee)がお出迎え。

マスコットのハチが目印!

ハイテクっぷりは早くも入り口から始まっています。

アプリをダウンロードしてから、初めて入館できる仕組み

普通のお店と違って、入館するには専用のアプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードしたアプリの中にあるBee Passというコードを入館ゲートにかざせば通れるという仕組み。ちなみに帰るときも同様にPassをかざさないと出られないようになっています。

初めてのお客さんはスタッフがやり方を教えてくれる

初回来店だと混乱しそうですが、入り口には常時スタッフがいて、入館の仕方を丁寧に説明してくれるので安心です。

入り口には受付と花屋さんがありました

札幌出身。現在、シンガポール在住。

旅好きで、20代前半はバックパッカーで北米やヨーロッパなどをまわる。訪れた国は約30カ国。

特になじみの深い国はインド。挑戦したい旅は南米縦断。趣味は海外ドラマ鑑賞と食べ歩き。

財布もレジも袋詰めもいらない。ハイテクすぎるキャッシュレススーパー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験
 国内 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】 ★ 1632
 中国 ウォン・カーウァイも貸切。上海のエッジの効いたブティックホテル ★ 8
 中東/アフリカ フランス版のハワイ、日本人がまだ知らない世界遺産「レユニオン島」へ ★ 55
 海外 3位台湾、2位ソウル、1位は? 好きな「海外の空港」調査結果 ★ 386
 アジア 6位インドに10位韓国。アジアの人気テーマパークランキング ★ 39