旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

財布もレジも袋詰めもいらない。ハイテクすぎるキャッシュレススーパー

Elie
Elie
2019/01/09

買い物のスキマ時間にご飯。スマホから注文で完了!

スーパーがメインなのですが、ここを訪れる多くの人たちのお目当ては、さまざまなお店が集まるフードコートといってもいいでしょう。

座席数も多い
個人的に1番おすすめしたいのが、こちらのパンケーキ!

好きな野菜とプロテインが選べるサラダや、ボリューミーなーフィッシュ&チップス、ふわふわのパンケーキなど、15のお店が集結しています。価格も平均$12〜15ドル程度(約960円〜1,200円)で良心的です。

好きな野菜とプロテイン(肉、魚)が選べるサラダ。スープ付き
フィッシュ&チップスは量が多いので、2人でシェアしてもいいかも

ここでも、もちろん注文と支払いはアプリから。わざわざお店の前に行って注文しなくても、スマホから注文するだけでOK。料理ができ上がったら、スマホに通知がきて、取りに行くだけです。本当に便利!

受け取り場所のサイン。スマホで表示された注文番号を見せるだけでOK
店内の内装がオシャレ

ちなみに、周辺エリアには企業が多く集まっているため、お昼どきはかなり混み合っています。特に水・木・金曜は席が見つかりにくいほど。

エントランスの近くにも食事のできるスペースも

キャッシュレススーパーは、シンガポール初ですが、今後も増えていきそうな予感がします。シンガポールに旅行する機会があったら、ぜひ体験してみてください。近未来的でワクワクしますよ。

あ、スマホを忘れたら入れないのでご注意を!

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

札幌出身。現在、シンガポール在住。

旅好きで、20代前半はバックパッカーで北米やヨーロッパなどをまわる。訪れた国は約30カ国。

特になじみの深い国はインド。挑戦したい旅は南米縦断。趣味は海外ドラマ鑑賞と食べ歩き。

財布もレジも袋詰めもいらない。ハイテクすぎるキャッシュレススーパー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1192
 中国 ウォン・カーウァイも貸切。上海のエッジの効いたブティックホテル ★ 8
 中東/アフリカ フランス版のハワイ、日本人がまだ知らない世界遺産「レユニオン島」へ ★ 55
 海外 3位台湾、2位ソウル、1位は? 好きな「海外の空港」調査結果 ★ 386
 アジア 6位インドに10位韓国。アジアの人気テーマパークランキング ★ 38