旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いま台湾が大注目する「温泉総選挙」、日本の人気名湯TOP5が決定

Array
2019/01/04

第3位 湯村温泉(兵庫県新温泉町)/5,480票(再生回数)

image by:beeboys/Shutterstock.com

兵庫県の日本海側、山陰地方の鳥取県とも接する地域にあり、およそ1150年前に発見されたと伝えられている古湯の「湯村温泉」。

image by:beeboys/Shutterstock.com

山岳が連なり高原地帯や原生林など、豊かな自然環境に囲まれています。日本屈指の高熱温泉であり、98度の高温泉が毎分470リットルも湧出される名湯です。

第2位 伊香保温泉(群馬県渋川市)/1万7087票(再生回数)

image by:ググっとぐんま写真館

古くは万葉集の東歌の中にも歌われているという、古い歴史を持つ「伊香保温泉」が3位にランクインしました。1576(天正4)年に温泉街を形成したのが始まりで、江戸時代には大ブームになりました。

image by:Paolo Gianti/Shutterstock.com

神経痛・筋肉痛・関節痛など多くの効能を持つ「黄金の湯」や、病後回復期にも向く「白銀の湯」などをはじめ、癒し力の高い伊香保温泉。「子宝の湯」としても知られています。

第1位 遠刈田温泉(宮城県蔵王町)/2万193票(再生回数)

image by:みやぎデジタルフォトライブラリー

見事1位に輝いたのは、400余年の歴史を持つ宮城県蔵王町の「遠刈田温泉」でした。ナトリウム、カルシウム、硫酸塩など癖がなくやさしいお湯が特徴で、神経痛・筋肉痛・関節痛に効果が期待できると評判です。

image by:keny7keny/Shutterstock.com

冬は3メートル近くもの雪が積もったり、道を進むにつれ名物の「こけし」がそびえ立つモニュメントのように設置されていたりと、海外の人には衝撃かもしれない隠れた楽しさもあり、ますます人気は高まっていきそうです。

選び難いほど、国内屈指の名湯が勢ぞろいした『温泉総選挙in台湾』。国内でありながら、まだ訪ねたことのない温泉もあるのではないでしょうか。

この冬はぜひ、ランキングを参考に雪の中の温泉を堪能してみてはいかがでしょう。

source:PR TIMES


image by:beeboys/Shutterstock

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

 国内 「ひとり温泉」が流行中?温泉に対する意識調査、意外な結果が見えてきた ★ 160
  1位はなんと福井。いま気になる人気急上昇中の都道府県ランキング ★ 108
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 314
 韓国 もしも短期留学中に恋をしたら…韓国人と日本人女性に起きたすれ違い ★ 458
 国内 異性との旅行で男女のすれ違い。女性は「好意は持っていない」が65%以上に ★ 188
いま台湾が大注目する「温泉総選挙」、日本の人気名湯TOP5が決定
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます