旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まさに楽園。光の花が咲きほこる「足利フラワーパーク」

TRiP EDiTOR ニュース
2019/01/05

日本各地で積雪を観測している、平成最後の寒い冬。これからますます冷え込んでくるこれからの季節は、心から温かに照らしてくれる幻想的なイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回、栃木県の「あしかがフラワーパーク」では2019年2月5日(火)まで期間限定で、約450万球を使ったイルミネーションイベント「Flower Fantasy~光の花の庭2018~」を開催しています。さっそく、その魅力をご紹介します。

日本三大イルミネーション〜あしかがフラワーパーク光と花の庭〜

あしかがフラワーパーク」は、栃木県足利市にあるをメインにしたテーマパークです。

冬には誰もが息を飲む絶景イルミネーションを堪能することができ、春から秋にかけては、季節に応じて違う顔をのぞかせる花々が出迎えてくれます。

冬に期間限定で開催されるイルミネーションは約450万球もの光にあふれ、「光の花の楽園」と呼ばれます。

この「光の花の楽園」は、さっぽろホワイトイルミネーション、ハウステンボス光の王国と共に「日本三大イルミネーション」に認定されています。

さらに2016年から3年連続イルミネーション部門ランキング全国第1位を受賞している、まさに日本を代表するイルミネーションです。

何度訪れても楽しめるように、「光の花の楽園」が開催されている期間は3つのテーマに分けられています。

最後のテーマとなる2019年1月1日~2月5日の期間は、新年にふさわしいイルミネーションが公開され、ニューイヤーイルミネーション(光と冬咲きボタンの競演)をテーマに、一年の訪れを感じさせてくれますよ。


それでは、続いて2018年に新たに追加された新作のイルミネーションと、代表作品を見ていきましょう。

【新作】レインボーマジック~未来へのかけ橋~

「レインボーマジック~未来へのかけ橋~」は、「夢や希望あふれる未来へのかけ橋となる虹」をテーマに、虹をメインにした光の数々を楽しむことができます。

雄大な大自然をも感じさせるイルミネーションは、虹の先、未来について考えたくなるほど心に響く作品になっています。

【新作】光のピラミッドと水中イルミネーション

光のピラミッドと水中イルミネーション」では、桟橋のある大きな5つのピラミッドが姿をあらわし、幻想的な世界観を味わうことができます。

ピラミッドはそれぞれ大地・太陽・自然・空・平和をイメージしており、水面が色鮮やかする変化するさまはとっても神秘的です。さらに音楽に合わせて水中に咲く光も、幻想的な世界観を際立てています。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

まさに楽園。光の花が咲きほこる「足利フラワーパーク」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 世界が思わず恋をした。旅のプロが教える、日本の美しい観光スポット ★ 158
 国内 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】 ★ 1455
 東京 世界初、そして関東最大級。約800万球の光の祭典が大井競馬場で開催 ★ 3
 国内 後世に残したい美しい夜景の数々。2018年度「日本夜景遺産」が決定 ★ 213
 国内 美しい白銀の世界。大内宿雪まつり&湯西川かまくら祭を一度に楽しむ方法 ★ 152