旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【東京オートサロン2019】誰もがシビれる格好良さ。ロマンが詰まった「車の祭典」開催中

TRiP EDiTOR編集部 s
2019/01/11

ただの交通手段だけではなく、旅を彩るアクセントとして、そして「F1日本グランプリ」など観光目的のひとつとしても重要な「クルマ」。そして一口にクルマといっても、カスタムカーからトレンド、新車種など、多種多様な選択肢が広がります。

今回、そんな魅力的なクルマが集結する一大イベント「TOKYO AUTO SALON 2019」が、2019年1月11日(金)〜13日(日)の3日間、幕張メッセ国際展示場にて開催されます。

その初日である11日にTRiP EDiTOR編集部が参加してきましたので、さっそく、その熱気をご紹介します。

丸一日楽しみつくせるチューニングカーの祭典「TOKYO AUTO SALON 2019」

記念撮影ができるフォトスポットも

例年、多くの人が訪れるカスタムカーの祭典「TOKYO AUTO SALON」ですが、2019年は過去最多906台が展示されています。

会場は幕張メッセの国際展示場ホール1〜11からイベントホール、屋外展示場など、かなり広大。西ホールから東ホールまで見て歩くだけでも、半日はかかりそうです。駐車場待ちも予想されるので、早めの行動がベストです。

2019年のオートサロン、見どころは?

どこから見ればいいのか迷ってしまうほど、魅力があふれる同イベント。今回はTRiP EDiTOR編集部が気になるポイントをピックアップしました。

まずは西1ホールの「マツダ」ブースへ。

近年人気が高いSUVの中でも注目を集める「CX-8」
ALL-NEW MAZDA3 HATCHBACK(ソウルレッドクリスタルメタリック)

同ブースの目玉といえば、2017年11月の「LAモーターショー」で発表された新型「マツダ3」の日本初公開。


約5年ぶりに刷新された新型マツダ3は、新型エンジン「SKYACTIV-X」、新世代車両構造技術「SKYACTIV ビークルアーキテクチャー」などを採用しています。

オートサロンではハッチバックとセダンが並び、いま気になるこの2台を見比べることが可能です。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

【東京オートサロン2019】誰もがシビれる格好良さ。ロマンが詰まった「車の祭典」開催中
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 山梨 まさか泊まれるの? 富士山麓に突如現れた、白いドームの正体 ★ 136
 国内 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】 ★ 1437
 国内 レンタルすればいいのか。キャンピングカー借りて気軽にグランピング ★ 19
 その他のエリア 定年退職後の夫婦仲は「キャンピングカー」が繋いでくれるかもしれない ★ 141
 国内 走って休める「車中泊」、新たな旅スタイルの気になるマナー ★ 110