旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【東京オートサロン2019】誰もがシビれる格好良さ。ロマンが詰まった「車の祭典」開催中

TRiP EDiTOR編集部 s
2019/01/11
JUKE Personalization Adventure Concept

西2ホールの「日産自動車」ブースには、三角形のクローラー(キャタピラ)を履いた「ジューク・パーソナリゼーション・アドベンチャー・コンセプト」が展示されています。

実際に走行も可能とのことで、雪山など悪路を進む姿を想像すると胸が高なりますね。

2108年といえば、「新型ジムニーがシカクくなった!」と大いに盛り上がりました。かくいう筆者も、初めて乗ったクルマは四角い「ジムニー JA22」。やはり無骨さ感じるこのフォルムに惹かれる人は多いようです。

このほかにも、新型「ジムニーシエラ」をカスタマイズし、荷台を装備した「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」も参考出品しています。

ガラス張りになっていていつも見えないこんなところも覗き見可能(BMW F87)
愛車を部屋でも感じたい方にはこんなグッズもおすすめ
子どもよりもお父さんが夢中に写真を撮る姿が

2018年9月に発売されたホンダ「スーパーカブC125」(写真左)と、2017年発売の「モンキー125」。レトロかつスタイリッシュな見た目なためか、多くの女性が「これかわいい!」と言って足を止めていました。

CHEVROLET ROHAN”JACKPOD FLASH”3D “ENGRAVING”&”IZ METAL” METAL PAINT IMPALA

西2ホールの「KUHL-RACING-JAPAN/ROHAN」では、誰もが振り返って驚くシボレーが、まさに“鎮座”しています。

鏡面のようにメタルペイントされたその姿は、細部までじっくり見たくなること間違いなしです。その美しさに、思わず感動してしまいます。


TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

【東京オートサロン2019】誰もがシビれる格好良さ。ロマンが詰まった「車の祭典」開催中
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 山梨 まさか泊まれるの? 富士山麓に突如現れた、白いドームの正体 ★ 136
 国内 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】 ★ 1631
 国内 レンタルすればいいのか。キャンピングカー借りて気軽にグランピング ★ 19
 その他のエリア 定年退職後の夫婦仲は「キャンピングカー」が繋いでくれるかもしれない ★ 149
 国内 走って休める「車中泊」、新たな旅スタイルの気になるマナー ★ 112