旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

上位をアジアが独占。人気急上昇の海外旅行先10選

TRiP EDiTOR ニュース
2019/02/14

第5位 釜山/韓国

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

5位には前年比13.2%増で韓国の南東部に位置する韓国第2の都市である釜山がランクインしました。

対馬海峡に面しているため、古くから日本と朝鮮半島とを結ぶ交通の要衝として栄えてきました。

釜山タワー、龍頭山公園、釜山アクアリウムといった観光スポットや国際市場、チャガルチ市場などの繁華街、そして海雲台、広安里といったリゾート地など見どころ満載の街です。

第4位 バンコク/タイ

image by:Miki Studio/Shutterstock.com

4位には前年比15.6%増でタイのバンコクがランクインしました。

バンコクにはワット・プラケオ、ワット・アルン、ウィマンメーク宮殿、ワット・ポー、タリンチャン水上マーケット、メークローン市場、バンコク国立博物館、エラワン廟など挙げればきりがないほどの観光名所多数あります。

またタイは仏教国であるため、黄金に輝く仏像など、仏教に関する多くの遺跡があります。バンコクは「一度行ったら病みつきになる」といわれるほど、魅力ある街なのです。

第3位 ソウル/韓国

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

3位には前年比16.9%増の韓国のソウルがランクインしました。

その魅力は歴史的な世界遺産韓国料理韓流ドラマやK-POPなどでしょう。また、日本人にとってはフライト時間が短いのも人気の理由のひとつですね。


第2位 高雄/台湾

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

2位には前年比29.2%増の台湾の高雄がランクインしました。高雄は、台湾南部に位置する南台湾最大の都市で、人口は約277万3,000人の台湾第3の都市です。


高さ378mの超高層ビルである東帝士85プラザビル、高雄の南部で最大のショッピングモール統一夢時代、高雄一の規模を誇る夜市である六合夜市などが見どころです。

2018年はLCCのピーチ・アビエーションが、日本と高雄を結ぶ路線を次々と就航させ気軽に渡航できることになったことが、予約数増加の要因のひとつになったようです。

第1位 済州/韓国

image by:CJ Nattanai/Shutterstock.com

そして1位に輝いたのは前年比61.5%増の韓国の済州です。済州は昨年行った同調査では2位でしたが、2018年にはランクを1つ上げ1位となっています。

済州では2017年に韓国国内でも最大級の大型複合リゾートがオープンし、世界的に有名なK-POPアイドルが広告塔に起用されたり、施設内にプロデュースしたカフェをオープンするなど国内外から高い注目を集めているようです。

また2018年の2月にカジノがオープンし、施設内にはホテルやテーマパークなどもそろっていることから、子どもから大人まで楽しめる場所となりました。

さらに、2019年9月ごろには済州島最大規模のカジノ施設がオープンを予定しており、エアトリでは、より一層注目を集める都市となりそうだと予測しています。

今回のランキングでは、韓国の都市がTOP5に釜山、ソウル、済州と3都市もランクインしました。最近では日本のコリアンタウンと呼ばれる新大久保が「インスタ映え」などの観点から、若者を中心に注目を集めています。

文化やグルメ、コスメなどさまざまな角度から、韓国に興味を持つ人が増えてきているようですね。

ランクインした国へ、トレンドを押さえて海外旅行してみたり、はたまた穴場の国々を訪れてみたりと、楽しみ方は人それぞれ。ぜひ、長期休暇を楽しんでくださいね。

source:PR TIMES

image by:Quang nguyen vinh/Shutterstock.com(ダナン・ゴールデンブリッジ)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

上位をアジアが独占。人気急上昇の海外旅行先10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 全国 「日本に訪れたくない」は0.5%未満。アジア5カ国の訪日旅行事情 ★ 60
 その他のエリア 10連休、ホントに嬉しい?2019年のGWに関する意識調査 ★ 52