旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

グルメな外国人がお味噌汁に恋してる?海外視点で再発見する日本文化

寝子
寝子
2019/06/26

ますます増加の一途を辿る、中国人観光客たち。日本政府観光局(JNTO)が発表した情報によると、中国人観光客は2013年から2018年の5年間でなんと約6倍以上に増加し、昨年は年間約838万人もの観光客が来日したようです。

2019年に入っても勢いは衰えず、4月時点の訪日外客数(推定値)はすでにおよそ280万人を超えている様子。

新規就航や増便で航空座席供給量を増やしたことも観光客を受け入れる後押しとなりました。このままいけばさらに記録を更新しそうですね。

image by:MADSOLAR/Shutterstock.com

私たちが旅行前に現地の情報を調べるように、中国人観光客も事前にインターネットでさまざまな観光情報を調べています。有名な観光スポットだけでなく、よりディープな日本の旅を計画している人たちが増えているのかもしれませんね。

そこで今回は、バイドゥ株式会社が調査を行なった「2018年訪日中国人の検索動向ランキング」をもとに、注目を集める観光地から日本文化などを紹介していきます。

日本国内の訪問先としてどこが人気で選ばれているのか、またどんな文化が話題になっているのか、リアルな結果をご紹介していきます。

2年連続「大阪府」が注目の的?

まずご紹介するのが「都道府県の検索ランキング」です。第1位は、2017年から引き続き2年連続で「大阪府」という結果になっていました。

image by:PR TIMES

1位 大阪府
2位 京都府
3位 北海道
4位 愛知県
5位 東京都

続いて2位は「京都府」、3位は「北海道」という国内外から人気を集める観光地がランクイン。そのなかに昨年ランク外だった「愛知県」が登場しました。


愛知県といえば個性な顔ぶれがそろう「名古屋めし」や豪華な「モーニング」など、食文化が多彩ですよね。ではどんな理由で中国人は愛知県に注目をしているのでしょうか。

外国人に人気を集める「愛知県」

愛知県の「2018年度訪日外国人動向調査」の国籍別訪日外国人数によると中国が最も多く、その次に台湾、韓国、香港とアジア圏からたくさんの方が訪れています。

image by:愛知県訪日外客動向調査(平成30年度)

なかでも愛知県への来訪回数が「1回目」と回答した中国人観光客は半数以上にのぼります。2回目以上のリピーター数は全体と比べて少ない割合となっていましたが、初めての旅行先に愛知県を選ぶ方が多いのかもしれませんね。

 

image by:愛知県訪日外客動向調査(平成30年度)

滞在目的を見てみると、観光・レジャー」が73.1%とダントツの結果になりました。

image by:Shutterstock.com

観光地に関しては、名古屋駅・栄・大須などの名古屋都心が76.6%、続いて名古屋城が41.6%熱田神宮が11.0%という結果になっていました。そのほかにも香嵐渓などの景勝地、犬山城や豊川稲荷といった歴史スポットにも訪れているようです。

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

グルメな外国人がお味噌汁に恋してる?海外視点で再発見する日本文化
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい