旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

品川に、花びら舞う桜の海。デジタルアートで体験する新たなお花見

村田由美子
村田由美子
2019/03/05

寒い冬の終わりが近づき、おでかけが楽しみになるこれからの季節。どこへ行こうか迷ってしまうほど多くのイベントが開催されますが、春を感じにぜひ訪れたいのが「マクセルアクアパーク品川」です。

同施設がプロジェクションマッピングなどを演出する「NAKEDInc.」と共に贈る季節限定イベント「SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED(サクラアクアリウム ディレクテッド バイ ネイキッド)」。早速、その詳細をご紹介します。

「花びら舞う、桜の海でお花見を。」海の生き物たちと最先端のお花見を

マクセルアクアパーク品川が施設コンセプトとしている“音・光・映像と生きものの融合”を体現すべく展開する、シーズナルイベントの「SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED」。

今回は海の世界桜景色デジタルアートで描き出す圧巻の演出で、イルカやペンギン、鮮やかな魚たちと一緒に「最先端のお花見」を楽しめます。

最先端テクノロジーによって描かれる繊細かつダイナミックな桜が、海の世界で満開に広がる光景は絶対に見逃せないものとなりそうです。

エントランスには、ペンギンのパフォーマンスとプロジェクションマッピングが融合した「お花見ペンギン」、スタジアム型会場が無数の花びらに包まれながら華麗に舞うイルカたちと360度お花見体験ができる「夜のドルフィンパフォーマンス」など目移りするほど美しい光景が広がっています。

ほかにも、7個の円柱水槽と全面クリスタルのシンボリック水槽でクラゲを展示するクラゲ展示の大空間「Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュ ランブル)」、サクラアクアリウムをイメージした鮮やかな魚たちが“桜の海”を泳ぐ水槽展示エリアなど、幻想的な世界にたっぷりと浸ることができます。

「お花見」といえば欠かせない飲食メニューでは、三色団子や桜餅などの和スイーツ、桜の花びらを浮かべたオリジナルドリンクなど、見た目にも華やかなラインアップです。

カフェバー「花灯(はなあかり)」では発光サンゴの水槽が連なり、夜桜のプロジェクションマッピング演出も。なお、飲食物は館内持ち歩きも可能となっていますよ。


国内のみに留まらず、開花時期には訪日外国人観光客が増加するなどグローバル化で人気の「桜」と「お花見」文化。

古くから日本人に愛されてきたお花見ですが、近年の「コト消費マインド」やSNS流行による「セルフ演出ニーズ」の高まりも相まって、そのスタイルはますます多様化しています。

これまでにないスタイルの「お花見」を体感できる同イベント。春の始まりを感じに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

  • SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED(サクラアクアリウム ディレクテッド バイ ネイキッド)
  • 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内・マクセル アクアパーク品川)
  • 03-5421-1111
  • 品川
  • 大人(高校生以上) 2,200円/小・中学生 1.200円/幼児(4歳以上)700円(アトラクション2機種:別途各500円/1回)
  • 開催期間:開催中〜2019年4月21日(日)
  • 10:00~22:00(最終入場21:00/4月以降の営業時間はHPにてご確認ください)
  • http://www.aqua-park.jp/aqua/

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

品川に、花びら舞う桜の海。デジタルアートで体験する新たなお花見
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ