旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

肉食よ、ここに集え。国内の人気「ハンバーグ・ステーキチェーン店」TOP10

Array
2020/10/03

無性にお肉が食べたくなるときってありませんか?ボリューミーで食べ応えたっぷり、そしてあふれ出す肉汁…幸福度が高まるお肉は私たちの胃袋をつかんで離しません。

でも、焼肉やしゃぶしゃぶをひとりで食べに行くのは少し敷居が高くて、お店によっては思わずお財布とにらめっこしてしまうこともありますよね。

そんなときにおすすめなのが「ハンバーグ・ステーキチェーン店」です。ファミレスに入るのと同じ感覚で入れるし、お値段もお手ごろ。

そこで今回は、ランキングサイト「ランキングー!」が発表した「好きなハンバーグ・ステーキチェーン店」のなかから人気の高いTOP10のお店をご紹介していきます。

第10位 ステーキのどん

image by:PR TIMES

10位には、東京都中央区に本社を置く株式会社アークミールが展開する「ステーキのどん」がランクインしました。アークミールは、あの牛丼で有名な吉野家ホールディングス傘下のファミレスチェーンを展開している企業です。

「ステーキのどん」以外にも「ステーキハウスフォルクス」、「しゃぶしゃぶどん亭」、「ドン・イタリアーノ」を展開しています。

「ステーキのどん」は1976年に群馬県前橋市でスタートしました。東京都や神奈川県など首都圏を中心に全国に店舗を展開しています。こだわりはなんといっても「ボリューム感」です。肉やハンバーグの量が多いうえに、ライス、パン、スープもおかわり自由となっています。

第9位 ブロンコビリー

image by:PR TIMES

東海地方を中心に株式会社ブロンコビリーが展開している「ブロンコビリー」が9位にランクインしました。ブロンコビリーは、1978年に名古屋市北区でオープンした「ステーキハウスブロンコ」がはじまりで、1983年にチェーン化しました。

現在では、東海地方のみならず東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、滋賀県、京都府にも進出しています。


「ブロンコビリー」はサラダバーにおける新鮮な野菜の提供などのサービスが特徴で、ランチ、ディナーともにお手ごろな値段。メニューも多彩で、なかでも1,500円以下で160グラムのステーキにライス、新鮮サラダバー、スープが付いたランチセットが人気です。

第8位 COCO’S

image by:Logan Bush / Shutterstock.com

8位には、東京都港区に本社を置く株式会社ココスジャパンが運営するファミリーレストラン「COCO’S(ココス)」がランクインしました。ファミレスとして人気を集めるココスは専門店ではありませんが、ハンバーグやステーキなどのメニューが人気で、テイクアウトもできます。

開業当初は関東地方を中心に展開していましたが、いまではなんと日本の全都道府県に出店する大型チェーンですので、気軽に訪れやすいのではないでしょうか。

いま読まれてます
肉食よ、ここに集え。国内の人気「ハンバーグ・ステーキチェーン店」TOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます