旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

アメリカ在住者が教える、ビーチ沿いにある美しい穴場キャンプ地

角谷剛
角谷剛
2019/05/27

キャンプの聖地といっても過言ではない、アメリカ西海岸。人気の国立公園にもなるとすぐに利用枠が埋まってしまい、なかなか予約が取れない…なんてことがあります。しかし、実はロサンゼルスからさほど離れていない便利な場所で、予約が簡単に取れる穴場なキャンプ場があるのです。

今回はアメリカのカリフォルニア州にお住まいのライター・角谷剛さんが、ビーチも絶景も楽しめるおすすめのキャンプ場を紹介してくれます。

有名な国立公園やキャンプ場は予約がすぐに埋まってしまう…

ヨセミテ国立公園 image by:Shutterstock.com

ヨセミテグランド・キャニオンデスバレーなど、アメリカ西海岸には世界的に有名な国立公園がいくつかあります。どれもロサンゼルスやサンフランシスコから車で5~8時間ぐらいはかかりますので、短期旅行者には少しつらい行程になるのですが、それでも訪れた人はアメリカの雄大な大自然を体験することができます。

団体旅行のオプショナル・ツアーのなかには国立公園内のホテルに1〜2泊ほど宿泊するプランが多いようですが、アウトドア派の人に人気があるのは国立公園の大自然を満喫できるキャンプです。

アメリカの国立公園内にあるキャンプ場はネット予約が可能。しかも全ての公園のキャンプ場が以下のサイトで一括して管理してあり、大変に便利です。

ただし、問題は人気のある公園やキャンプ場は予約がすぐに埋まってしまうこと。特に夏休みの時期にテントサイトを確保することは非常に困難になります。例えば、ヨセミテ国立公園内のあるキャンプ場では5か月前から予約を受け付けていますが、予約が解禁になった瞬間から数分で売り切れてしまうのです。

多くのキャンプ場では事前予約の枠とは別に、当日早い者勝ちのような枠が用意してありますが、日本からの旅行でそれに賭けるのは不安が残ります。なにしろ国立公園は中心街から離れた場所にありますので、泊まるところがないといささか途方に暮れることになるからです。

サン・クレメンテのキャンプ場からの眺め。image by:角谷剛

そこで、ロサンゼルスからさほど離れていない便利な場所で、予約が簡単に取れ(あるいは必要がない)、それでいて存分に南カリフォルニアのビーチを楽しめるイチ押しのキャンプ場を紹介します。

それがロサンゼルスとサンディエゴのちょうど中間ぐらいに位置する、サン・クレメンテ市にあるカリフォルニア州立公園内のキャンプ場です(以下、カリフォルニア州立公園のキャンプ場)。


ビーチを見下ろす絶好のロケーション

サン・クレメンテはロサンゼルス空港から南に約100キロほど下がった海岸沿いの小さな街です。断崖絶壁に囲まれた美しいビーチとスペイン風の建物で知られています。市のキャッチフレーズは「Spanish Village by the Sea(スペイン式、海沿いの村)」。

キャンプ場入口。image by:角谷剛

キャンプ場はカリフォルニア州立公園の中、ビーチを見下ろす岩山の上にあります。市の中心部からやや離れていますが、高速道路の出口からは数分ほど。大きな看板が立っていますので、見落とす心配はほとんどありません。キャンプ場としては非常に稀といってよいほど便利なロケーションです。

一つひとつのテントサイトには、駐車スペース、テーブル、焚火用コンロ、バーベキュー用グリルがついている。image by:角谷剛

キャンプ場はかなり広大です。敷地内には両側1車線の道路に沿って、大小約100のテントサイトが並んでいます。一つひとつのサイトにはたっぷりスペースが取ってありますので、プライバシーを保つことができるのも嬉しいポイントです。

ビーチに近いテントサイトを確保すれば、断崖の上からビーチを見下ろすことができます。もしもベストポジションを確保できなくても、断崖の間を通る坂道を約100mほど下り、海岸線に沿って走る線路のトンネルをくぐれば、そこはもう砂浜です。パラソルやブギボードなどの遊び道具を満載したカートを引っ張っていく家族連れの姿もよく見られます。

キャンプ場すぐ前の砂浜。image by:角谷剛

ビーチもカリフォルニア州立公園のなかにありますので、住宅や商業施設の開発は厳しく制限されています。岸壁に囲まれた静かな砂浜の海を楽しみたい人には最高の環境です。

角谷剛

角谷剛(かくたに・ごう) アメリカ・カリフォルニア在住。IT関連の会社員生活を25年送った後、趣味のスポーツがこうじてコーチ業に転身。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー部監督を務める。また、カリフォルニア州コンコルディア大学にて、コーチング及びスポーツ経営学の修士を取得している。著書に『大谷翔平を語らないで語る2018年のメジャーリーグ Kindle版』、『大人の部活―クロスフィットにはまる日々』(デザインエッグ社)がある。 【公式Facebook】https://www.facebook.com/WriterKakutani

アメリカ在住者が教える、ビーチ沿いにある美しい穴場キャンプ地
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい