旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

男前&ユニークな「男前豆腐店」京都が誇るものづくり企業に潜入

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/06/03

「特濃ケンちゃん」や「信吾港町」など、個性的なパッケージが目を引く「男前豆腐」。皆さんもスーパーなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

これらの商品は、京都府南丹市にある男前豆腐店株式会社が製造しているんです!

今回は、この人気の豆腐がどのように作られているのか、また作っている会社のユニーク過ぎる社内事情まで、たっぷり取材してきました!!

南丹市にある「男前豆腐」の本社へ

森の恵みと良質な水のまち

早速、南丹市へとやってきた編集部。“森の京都”である南丹市は、京都府中部に位置し、かやぶきの里・美山町や、四季折々の光景が美しいるり渓高原など、豊かな自然と良質な水に恵まれたまちです。

本社入り口では企業キャラクターのジョニー像がお出迎え

南丹市の工業地帯にある男前豆腐店株式会社は、2005年に設立したお豆腐屋さんです。

社長の伊藤さんは「京都で仕事をしたい」という思いもあり、豆腐工場の跡地であった今の場所で男前豆腐店を始めました。

全国の豆腐ファンを魅了する「男前豆腐」の工場に潜入!

豆腐作りの工程をちょっぴり見せてもらいました!

さっそく、男前豆腐店の工場を見てみましょう!(写真では一部しかお見せできませんがご了承ください~)

まず、水に一晩浸して膨らませた大豆をすりつぶし、「なまご」と呼ばれるドロドロの状態にします。

そこから煮込み、絞ることで豆乳とおからに分けていきます。すると、写真のようなさらさらの豆乳が完成!


豆乳とにがりを合わせたものをどんどん容器に入れていきます
シールをしたら加熱・冷却して完成!

そのまま豆乳とにがりを容器に充填。中身を入れたらすぐにシールをして約90℃で加熱後、一気に冷やしていきます。これが充填式といわれる豆腐の作り方です。

木綿豆腐や絹ごし豆腐のような、豆腐を成型してから容器に入れる場合と違って、容器を密閉した後に加熱をするので豆腐本来の旨味を逃さず、衛生的になることで賞味期限も長くなるんです。

「でも、やはり作り立てが一番ですのでお早めにお召し上がりください」(by男前豆腐店)

そうしてできた製品は続々と出荷されていきます~
なんと、主力商品である「特濃ケンちゃん」は1日に何十万丁も製造されているんですって!

今回、特別に加熱後のあつあつなケンちゃんをいただきました~♪
まだ冷やす前なので、おそろしく柔らかいです。そして口の中でふわっととろけて豆腐の旨味が広がります。

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

男前&ユニークな「男前豆腐店」京都が誇るものづくり企業に潜入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ