旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ぷりっぷりの冬の味覚。みんなが選ぶ絶品「フグ料理」ランキング

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/23

西日本を中心に親しまれている高級魚、フグ。刺身、鍋、唐揚げなど、特に冬場の味覚として多くの人に愛されています。

今回、ランキングサイト「ランキングー!」が10~60代の男女11,816人を対象にアンケート調査を実施し、「冬の味覚・ふぐ料理ランキング」を発表しました。早速、気になる結果をご紹介していきます。

第5位 白子焼き

image by:photoAC

まず、5位にランクインしたのは「白子焼き」です。白子とは魚の精巣のことで、フグの内臓には猛毒がありますが、白子の部分に毒のない種類が多く、他の魚と同じように食べることができます。

フグの白子はとても芳醇。ふっくらとした舌触りと旨味を持つだけではなく、栄養価も高い人気の食材です。ただし、とてもカロリーが高く、さらに高価なため食べすぎには注意が必要ですね。

第4位 雑炊

image by:photoAC

鍋のシメにご飯を入れて「雑炊」にするのも人気です。フグの出汁がスープに旨味を与え、これが雑炊の美味しさを一層引き立てます。通常は鍋のシメに食される雑炊ですが、最近では雑炊自体の専門料理店もあり、やはりそこでもフグの雑炊は人気です。

また、雑炊は柔らかく、消化しやすいため胃腸が悪いときの料理としても最適。そんなときに雑炊を食べてみると、体調がすぐによくなりそうですよね。

第3位 唐揚げ

image by:photoAC

唐揚げは、鶏肉からさまざまな魚まで食材として使われますが、「フグの唐揚げ」はそのなかでも絶品です。

フグの唐揚げはとても食べやすく、塩コショウにゆずなどをかけて食べると、サクサクとした食感を楽しめます。身は淡白ですが、高級感のある旨味がたまりません。


第2位 フグ刺し(てっさ)

image by:photoAC

第2位には「フグ刺し(てっさ)」がランクインしました。これはもう定番の食べ方ですね。大きな皿が透けてみるほど薄く切ったふぐを大量に盛り付けます。ポン酢で食べますが、1枚1枚、高級感を味わいながら食べるのも良し、豪快に数枚一気に食べるのも良しです。


ちなみに「てっさ」とは「鉄の刺身」という意味で、ふぐは猛毒を持つため、当たると死ぬということから「鉄砲」に例えられます。その「鉄砲」を略して、「鉄」というわけなのですね。

第1位 ちり鍋(てっちり)

image by:photoAC

そして、第1位に輝いたのは、「ちり鍋(てっちり)」です。やはり、ふぐといえば鍋が人気です。特に冬の寒い日に、日本酒とともに味わうふぐ鍋は絶品。

シメには第4位で紹介した雑炊にして食べる、これが王道の食べ方です。出汁と野菜などから出た旨味のある汁で煮たふぐは、淡白ながら一度食べたら忘れられないおいしさ。ちなみにこの「てっちり」という呼び方も「てっさ」と同じで、「鉄のちり鍋」を略したものなのだとか。

今回は、人気のフグ料理をランキング形式でご紹介してきました。高級魚として、そして縁起物として親しまれているフグは、一度食べたらやみ付きになるほどの美味しさ。猛毒を持つ魚ではありますが、安心安全な調理方法で楽しみたいですね。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
ぷりっぷりの冬の味覚。みんなが選ぶ絶品「フグ料理」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます