旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なぜ神社ではかしわ手、お寺では合掌?お正月の恒例行事に隠された謎

Array
2020/01/03

昔の「さい銭」は、お金ではなかった?

image by:Shutterstock.com

初詣の際に投げ入れる「さい銭」については、どのような由来があるのでしょうか。

広田千悦子著『にほんのおまじない』(徳間書店)によれば、もともとさい銭はお金ではなく、お米や雑穀を紙に包んで(おひねりにして)お供えしたと言います。

あるいは海や山の幸が供えられたとも、神社本庁のホームページには書かれていました。要するに、昔のさい銭はお金ではなかったのですね。

では、このお金を供えるという発想は、いつごろから生まれてくるのでしょうか。その始まりは当然ですが、

<神仏へ参詣するとき賽銭を奉る風習は,庶民社会に貨幣経済が浸透した時代に起こった>(『世界大百科事典』平凡社より引用)

とあります。手元に銭貨がなければ、神仏に投げようにも、投げる銭貨がありません。

image by:Shutterstock.com

日本では物々交換の時代を経て、中国の貨幣をモデルにした富本銭が683年(飛鳥時代)に造られます。その後、708年の和同開珎を皮切りに、奈良時代から平安時代にかけて12種類の銭貨(皇朝十二銭)が造られました。

皇朝十二銭の12番目、958年の乾元大宝を最後に、16世紀の中ごろ(1550年ごろ)まで、日本での銭貨造りはストップします。それでも、その間に中国からの銅でできた銭貨が続々と輸入され、永楽通宝などが全国で使われるようになっていきます。この時期が、庶民の間にも貨幣経済が浸透していく時期なのですね。

平凡社の百科事典によれば、16世紀半ばに鎌倉の「鶴岡八幡宮」にさい銭箱が置かれたという記述が、確認できる最古の記録だとか。

image by:photoAC

時代と共にお米よりお金が一般的になり、供え方も包んで供えたスタイル(おひねり)から、お米やお金を裸のまま神仏に向かって投げるスタイル(散銭)が、主流になっていったみたいですね。


ただ、この散銭、あくまでもお供えという行為ですから、投げ入れ方にも丁重さがあった方が好ましいと、神職に就く友人が教えてくれました。

いま読まれてます
 国内 【2021年】年初めに見たい絶景。中国・四国「初日の出」スポット9選 ★ 313
 関西 【2020年】朱に染まる絶景。関西のおすすめ「初日の出」スポット7選 ★ 45
 全国 【春節】中国人観光客が今なお買いに来る、ドラッグストアの日用品TOP10 ★ 89
 その他のエリア こういうのでいいんだよ。年末年始は「ひとり」で楽しみたい人の行動 ★ 139
 国内 2019年、いいことありますように。「初詣」人気スポット10選 ★ 215
なぜ神社ではかしわ手、お寺では合掌?お正月の恒例行事に隠された謎
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます