旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

知らなければ赤っ恥…海外で日本人が言いそうなNGワード

坂本 正敬
坂本 正敬
2020/03/25

「カキ食べたい」はロシアとポーランドでNG?

image by:Shutterstock.com

続いてはロシア語。ロシアの人口は約1億4,680万人ほど。いまでは日本とそれほど変わりませんが、ロシアがソ連だったころの人口は、倍近くの約2億8862万4千人。

先ほどのA world of languagesのインフォグラフィックスを見ると、当時ソ連のひとつだった東欧の国々(ウクライナ、ベラルーシ、ラトビアなど)の国民も母国語としてロシア語を使いますから、世界で5番目という数字になっているのかもしれませんね。

ロシア語については、筆者もロシア人とシェアハウスで暮らしていた時期があるため、ちょっとした思い出があります。

ある日、シェアハウスで何気なく筆者が日本語で「」というと、同じテーブルにいた若い男女のロシア人たちが、びっくりした顔で目を合わせ、その後にこちらを見た出来事がありました。

何事かと聞くと、「カキ」はロシア語で「うんち」を意味する言葉との話。字で書くと次のようなつづりになります。

とはいえ手元にある古い『岩波ロシヤ語辞典』(岩波書店)で調べてみても見つかりません。kakaは「(幼児語)うんち」と書かれているのですが、変だなと思っていると、ポーランド語ではkaki(カキ)を「うんち」というと分かりました。

ちなみに「柿」に驚いたロシアの若者たちの1人は、ベラルーシとの国境近くのまちから来たといっていました。

ベラルーシはロシアとポーランドの間にあり、同じくロシア語が公用語の国。さらにその周辺は、過去に国境線が行ったり来たりしているエリアですから、言語も行き来しているのかもしれません

image by:Shutterstock.com

同じくロシア語では、子どもらしい言い方として、


カカシカ」があり、大人の俗語としては、

デリィモ」があります。先ほどの『岩波ロシヤ語辞典』によれば、「デリィモ」は「くそ」、英語で「shit」という感じ。子どもらしい言い方の「カカシカ」は「案山子か!(カカシカ)」みたいな響きがあって、特に覚えやすいですね。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
知らなければ赤っ恥…海外で日本人が言いそうなNGワード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます