新型コロナでどれだけ変わった?おうち時間を過ごす女性たちの休日

Array
2020/05/16

休日、どこで何してる?

image by:PR TIMES

「ここ1〜2カ月の休日で、多く過ごしている場所を教えてください」という質問では、9割以上のかたが「自宅(92.6%)」と回答。不要不急の外出自粛や大型イベントのキャンセルにより、やはり自宅で過ごすかたが増えていますね。

このように自宅で過ごすことが増えたことから、InstagramやTwitterを始めとするSNSでも「#おうち時間」のハッシュタグが流行っているのも特徴です。

image by:PR TIMES

「現在の自粛ムードが落ち着いてきたら、これまでの反動で外出は多くなりますか?」と質問したところ、6割のかたが「はい(60.5%)」と回答しました。やはりいまの状況からの反動で「外出が増える」と思っているかたは多いようです。

image by:Shutterstock.com

具体的に希望の外出先を聞いてみたところ「国内旅行(37.6%)」と回答したかたが最も多く、次いで「テーマパーク(20.0%)」「アミューズメントパーク(14.2%)」「海外旅行(10.1%)」「自然の多い場所(9.1%)」となっています。

ホテルや旅館の閉鎖が続いていたり、テーマパークも休園状態の現在。現在は各施設で、未来の宿泊券をお得に販売したりなど、さまざまな取り組みを行っています。いまはお家で旅行計画をたて、その先のホテルなどを応援してみる、というのもいいかもしれません。

image by:PR TIMES

誰と外出したいですか?」という質問では「同性の友人(35.4%)」と回答したかたが最も多く、次いで「恋人・パートナー(30.6%)」「家族(27.2%)」「異性の友人(4.3%)」と続きました。

外出自粛生活でストレスが溜まっている分、なんでも気兼ねなく話せる友人とのびのび楽しみたいと考えているかたが多いのかもしれませんね。

今回の調査では、しっかりとお出かけを自粛しているかたがやはり多く、そのためコロナが収束した際は「反動でいままで以上にお出かけしてしまう」という傾向にあることがわかりました。

一部県での緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ収束、そして終息には遠い現状です。緊張感を持ちながらも、心のケアも大切に、未来のリフレッシュ旅をご褒美で用意しておくというのもおすすめです。


いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
新型コロナでどれだけ変わった?おうち時間を過ごす女性たちの休日
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます