旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

埋まらない1ミリの距離。私はこれから、元恋人と「最後のデート」へ行く

Array
2020/07/25

巷では「男の恋は別名保存、女の恋は上書き保存」なんていわれている。もしそれが本当だったなら、どれほど楽だっただろう。

私にだって、女にだって、忘れられない恋の終わりがある。

すでに恋が終わったふたりの、最後のデート

4年前の、12月。

「久しぶり…っていうほどでもないね」
「おう、久しぶり…ってほどでもないな」
「まあ、ついこの前まで、毎日みたいに会ってたから」

たっぷり数秒間、ふたりの間に沈黙が流れた。そんな私たちの気まずさなどお構いなしに、あたりには軽やかな音楽が流れている。訪れる人々を歓迎するような、聞くだけでテンションをあげてくれるような、そんなプロローグミュージックだ。

image by:Shutterstock.com

待ち合わせはユニバーサルシティ駅。17時を少し過ぎたばかりだったが、もうあたりは真っ暗だった。

「行こっか。もうチケット入れるで」

彼はそういうとさっと歩き出す。人混みに紛れないよう、私は彼の背中を小走りで追った。見慣れていた、私よりもずっと大きな背中を。 

「ユニバ来るの久しぶりやから、テンション上がるわぁ」


私は不自然なほどはしゃいで見せる。彼がそっと差し出した手には気付かないフリをして。

埋まらない1ミリの距離。私はこれから、元恋人と「最後のデート」へ行く
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます