GoToで大幅割引も。この秋いきたい、日本全国人気「温泉」ランキング【2020年9月】

第3位 雨晴温泉/富山県

image by:磯はなび

富山県にある「雨晴(あまはらし)温泉」。二上山の丘陵地帯の上に建っている温泉宿「磯はなび」からは、日本海越しに立山連峰を見ることができます。

とくに山に雪が残っている時期は、山の白、海と空の青の色彩の取り合わせが絶妙。ほかの温泉ではなかなか楽しめない景観を満喫することができます。

image by:磯はなび

加温と加水、消毒はされているといいますが、海辺の温泉らしく、湯冷めしにくく傷にも聞く塩化物泉(源泉約40℃)のお湯。

露天風呂付大浴場「ゆらく」image by:磯はなび

客室、洋風タイプの大浴場、和風タイプの大浴場、露天風呂を含めて、惜しみなくオーシャンビューが用意されています。富山はお魚の美味しい地域ですから、グルメも温泉も楽しめる冬がベストシーズンかもしれませんね。

第2位 大手町温泉/東京都

1階エントランス部にひっそりと掲げられた「星のや東京」のロゴは、訪れたゲストたちの記念撮影ポイントとなっています。image by:小林繭

東京都内で気軽に温泉を楽しむなら、「大手町温泉」がおすすめ。「星のや東京」では、都内にいながら天然温泉を堪能することができます。

先日、アメリカのメジャー旅行誌『トラベル・アンド・レジャー』の「World’s Best Awards 2020 Top Hotels in Tokyo」でも1位に選出された、国内外で注目を集める温泉宿なのです。

襖を開けると外観を飾る麻の葉模様の装飾が現れます。この装飾は向こう側から客室の様子を見えなくする役目も担うもの。image by:小林繭

「星のや東京」が提案する独特の江戸を感じる空間で旅がスタート。館内はすべて畳敷きで、美しく敷き詰められた畳の長廊下を眺めながら、玄関で靴を脱ぐスタイルです。

手前が洗い場から続く内湯。その先が露天風呂へとつながっています。image by:星のや東京

地下1,500mから汲み上げた天然温泉は、ナトリウムやカリウム、カルシウムを多く含んだ強塩温泉で、美しい琥珀色が特徴です。

image by:小林繭

季節によっては、2階のラウンジスペースに小さなエンタテインメントが散りばめられています。大都会の景色を眺めながら、日本酒の飲み比べなども楽しめますよ。


都内であれば、遠距離ではなく近場を楽しむ「マイクロツーリズム」にぴったり。仕事などでなかなか時間が取れないけど、ストレスを解消したい。そんなかたは、帰り道をお家からホテルへ変えてみてはいかがでしょう。

第1位 川治温泉/栃木県

緑を背景に佇む宿の入口。image by:小林繭

栃木県にある「川治温泉」は、塩原や奥鬼怒など個性派の影に隠れていますが、その泉質のよさや環境のよさから地元民から熱い支持を集める温泉です。

なかでも首都圏から気軽に行ける温泉リゾート滞在型の「星野リゾート 界 川治」は、山と渓流に挟まれ、古くから四季の移り変わりとともに暮らした川治の里山暮らしのエッセンスをおもてなしに散りばめた温泉旅館。

情緒たっぷり、露天の檜風呂。image by:小林繭

川治の湯は、無色透明の単純温泉。肌当たりが柔らかく、熱過ぎずぬる過ぎず。実に丁度いい温度で長湯できるのが特徴です。

メインとなるのが石造りの大露天。夜になるとひょうたんライプのライトが灯ります。image by:星野リゾート 界 川治

緑いっぱいの野趣あふれる露天風呂は、この川治の湯を堪能するのにぴったり。渓流のせせらぎや鳥のさえずりに耳を澄ませ、ゆったりと湯に浸かれば気分は完璧な温泉モードを堪能できますよ。

さらに、栃木県内でレンタカーを利用して宿泊すると、5,000円のキャッシュバックキャンペーン中!条件を満たせば、「Go To トラベルキャンペーン 」に上乗せも適用可能となっているので、ぜひ栃木を訪れる際はチェックしてみてくださいね。

2020年も、そろそろ本格的な秋を迎えようとしています。いままで除外されていた東京都が「Go To トラベルキャンペーン」の対象に加わりましたが、まだまだ油断は禁物。「新しい旅のエチケット」をもとに、無理のない範囲で旅を楽しんでいきたいですね。

  • 参考:「新しい旅のエチケット」(PDF)
  • image by:Shutterstock.com
  • ※Google Analyticsを使用した、2020年8月1日〜8月31日までのTRiP EDiTOR内にある「温泉」記事のアクセス数(記事TOPページアクセス数)にてランキングを算出。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
GoToで大幅割引も。この秋いきたい、日本全国人気「温泉」ランキング【2020年9月】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます