旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

都心で空を望む天然温泉。海外も注目する大手町温泉へ週末旅

Array
2020/08/01

新型コロナウイルスの影響で、いままで通りの旅ができなくなった現在。旅のトレンドは、密を避けながら地元の方が近場で過ごす旅のスタイル「マイクロツーリズム」へ変化し、各都道府県では地元の温泉やリゾートに出かける動きが目立っています。

リゾートがいっぱいの沖縄や、リゾートも温泉もある北海道が羨ましい!というそこのあなた、いやいや東京にも誰もが憧れる素晴らしい逃避先があることをお忘れでしょうか。

それは、「星のや東京」。天然温泉「大手町温泉」のあるこの宿は、先日、アメリカのメジャー旅行誌『トラベル・アンド・レジャー』の「World’s Best Awards 2020 Top Hotels in Tokyo」でも1位に選出。海外からもそのクオリティに注目が集まる東京の宿なのです。

江戸の粋と美の世界へ。大手町で体験する江戸トリップ

1階エントランス部にひっそりと掲げられた「星のや東京」のロゴは、訪れたゲストたちの記念撮影ポイントとなっています。image by:小林繭
周囲のオフィスビルとは異なる雰囲気の外観に、粋な東京ステイの期待が高まります。image by:小林繭

大手町駅から徒歩3分、東京駅から10分。オフィスビルが建ち並ぶ一角に佇む瀟洒(しょうしゃ)なこの建物が、地下2階、地上17階からなる“塔の日本旅館”「星のや東京」です。

圧巻の1階エントランス。整然と並ぶ目積表の畳の美しさに目が奪われますが、歩き心地が格段に気持ちいい!image by:小林繭

ゲストを迎え入れるのは、青森ヒバの一枚板でできた大きな扉。扉が開くと鼻腔をくすぐる白檀の香りとともに、「星のや東京」が提案する独特の“江戸を感じる空間”での旅がスタートします。

館内はすべて畳敷きで、美しく敷き詰められた畳の長廊下を眺めながら、玄関で靴を脱ぐスタイルです。天井まで壁に施された圧巻の竹細工は靴箱だというのだから、その気の利いた発想になるほどと頷きます。

エレベーターが開くと現れるのは、美しい日本旅館の廊下。ちなみにエレベーターの中も畳敷き!image by:小林繭

そのままエレベーターに乗り客室階へ降り立つと、そこはまた完璧な旅館の佇まいで、再度この地が大手町であることにはてと首を傾げたくなるのです。

リビングと寝室が一体型となった広い客室は、デイベッドとしても使える大きなソファもある贅沢空間。image by:小林繭
サニタリースペースもシンプルでゆったりサイズ。浴室には日本式の大きな浴槽も。image by:小林繭


客室は、畳に障子窓という典型的な日本家屋の造りをベースに、シンプルに現代的な機能美を追求した和モダンな空間

襖を開けると外観を飾る麻の葉模様の装飾が現れます。この装飾は向こう側から客室の様子を見えなくする役目も担うもの。image by:小林繭
光が差すと、客室ではこんなふうに浮かび上がる麻の模様を楽しめます。image by:小林繭

陽が差し込むと、麻の葉崩しを抜き型にした光の文様が障子窓やフロアに浮かび上がるようデザインされているのは、心憎いとしかいいようがありません。

各フロアの中心に設置された“お茶の間ラウンジ”スペース。ここまではパジャマ姿のままOKです。image by:小林繭

1フロアに6室のみというミニマムな配置と、各フロアに置かれた“お茶の間ラウンジ”と呼ばれるリビングルームの存在がまた新鮮です。

ここはゲストたちが共同で利用するくつろぎのスペースで、飲み物やお茶菓子が用意されています。

可愛く並べらえらたお茶菓子。冷凍庫の中にはお風呂上がりのアイスクリームも用意されています。image by:小林繭

PCや本を持ち込んでひとりで過ごすのもアリだし、ゆったりとした空間で距離を保ちながら、居合わせたほかのゲストと会話が生まれることも。まるで、旅館の逗留客のようにレジデンス気分で過ごすことができるスペースです。

いま読まれてます
都心で空を望む天然温泉。海外も注目する大手町温泉へ週末旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます