旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

こんなサプライズ絶対イヤ…女性が求める理想の「プロポーズ」とは

Array
2021/05/09

愛する人に結婚を申し込む「プロポーズ」。一生思い出に残る愛の言葉ですが、ほかのカップルの皆さんは一体どのようなプロポーズが繰り広げられたのか気になりますよね。

この度、恋愛サイトである縁結び大学が、過去2年以内にプロポーズを決行した既婚男性103人、プロポーズされた女性148人に「プロポーズ」についての調査を行いました。プロポーズにまつわる男女のリアルな実態について、早速チェックしてみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

みんなどんな風にプロポーズした?

image by:PR TIMES

まず最初に「結婚する際にプロポーズはした?」という質問が行われ、69.9%で「伝えた」が最多という結果に。

昔ほど一大イベントのように扱われない傾向にある昨今のプロポーズ事情ですが、いまでもほぼ7割がしっかりと行っていることがわかります。

一方、30.1%が「何となくは伝えた」「言葉では言っていない」と回答。じわじわと増加しているようにも感じられる「プロポーズしない」派ですが、された側はどのように感じていたのか気になるところです。

image by:PR TIMES

どんな風にプロポーズした?」という質問では、38.8%で「(レストランや車、外出先など)ふたりで出かけたときを見計らって伝えた」が最多に。次に32.0%で「ふたりで家にいるときに、日常の中で伝えた」という結果になりました。

「相手の両親には、同棲をする際に挨拶していました。クリスマスプレゼントとして婚姻届を渡しました(京都府/33歳男性)」「家で一緒に食事をし食器を洗っているときに、自然に日常会話のテンションで言って、彼女が驚きました(福岡県/31歳男性)」など、日常にさりげなく溶け込ませたプロポーズで成功したエピソードが多数挙がっています。

image by: Shutterstock.com

なかには「彼女の誕生日に手作りケーキをつくり、チョコレートのプレートに『結婚しよう』と書きました(滋賀県/38歳男性)」「泊まりに来た彼女が寝てるときに、左手の薬指に指輪を。朝起きて彼女が指輪に気づき、その際にプロポーズ(大阪府/33歳男性)」と、日常に少しの演出を加えたプロポーズを行ったかたも。

8.7%は「誰かに依頼したり店を予約するなど、入念に演出して伝えた」と回答。


「プランナーに相談して自宅をコーディネートし、帰宅と同時にプロジェクターで思い出の動画を流したあと、隠れていたカーテンの後ろから出て、プロポーズ。彼女を驚かせました(愛知県/30歳男性)」という、手の込んだ準備を施したという声もありました。

とはいえ、大きな演出を行うというかたは全体から見ると少数派。言葉ではしっかりと伝えながらも大袈裟すぎないのが、今時のプロポーズでは王道なのかもしれません。

image by:PR TIMES

「自身のプロポーズの評価は何点?」という質問では18.5%で「100点満点」が最多に。続いて17.5%で「80点台」、16.5%で「90点台」となりました。平均は69.6天と、若干低めの結果となっています。

あとから振り返ったときに「もっと特別な演出をすれば良かった」という後悔を覚えたかたや、自身では伝えたつもりでも、彼女には伝わっていなかったということも起きているようです。

人生の一大イベントとして演出を行ったほうが、思い返したときに100点に近付けるのかもしれませんね。

いま読まれてます
こんなサプライズ絶対イヤ…女性が求める理想の「プロポーズ」とは
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます