旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コロナ禍にこそ。なぜ「おひとり様」温泉旅は、こんなにも楽しいのか?

Array
2021/03/13

コロナ禍生活も早2年目を迎え、ニューノーマルな暮らし方を模索する日々が続いています。

マイナス面ばかりが取り上げられがちですが、家で過ごす時間が増えたおかげで本や映画を楽しむ時間が増えたり、これまで気になっていたけれど行けていなかった近所のお店に行けたり、ジョギングやウォーキングが日課になったりなど、必ずしも悪いことばかりではないよ、という声も耳にします。

旅行に関しても、これまで人気だった海外旅行に行けなくなり、かわりに国内のさまざまなスポットに注目が集まるようになりました。ある意味、日本のいいところや楽しいところを再発見した1年だったのではないでしょうか。

そしてこの1年は「3密」回避が叫ばれる生活様式がスタンダードに。そのなかでも、もっとも「密」から遠いのが、ひとりでのソロ活動です。

食事もお出かけも、もちろん旅行だってひとりなら「密」の回避はバッチリ、きちんと気を配って移動・観光すれば、まわりに迷惑をかける心配も減ります。

ということで、今回はこれからこそチャンス!のひとりで楽しむ温泉旅についてお話しましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

おひとり様が楽しい理由

image by:Shutterstock.com

そもそも「ひとり旅」なんて興味がない。ましてや温泉にひとりで行って何が楽しいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はひとり旅もひとり温泉も大好き。おひとり様の温泉、最高ですよ!

もちろん友人や家族と一緒に行くのも好きですが、仲間と大人数でわいわいするのと、仲良しの女友だちとひたすら飲んで食べてしゃべるのと、恋人同士でゆったり過ごすのと、それぞれのシチュエーションで楽しみ方の種類が違いますよね。それと同じで、ひとりにはひとりの楽しみ方があるのです。

「ひとり旅」なんて淋しいよ、という声も聞こえてきますが、それは大間違い!ひとりだからこその出会い切り取られる風景が、思いのほかたくさんあるんです。


それに、「ひとり旅」を楽しめるってことはその分行動範囲選択肢広がるわけで、それはイコール人生の自由度のアップにつながるのではないか、と私は思っています。

コロナ禍以前から雑誌『CREA』や『OZ magazine』などのおしゃれな女性誌でも「おひとり様向け温泉特集」が人気を集めているのも、そのあたりに真実があるからではないでしょうか。

ちなみに、個人的に思うおひとり様で楽しむ温泉の一番の魅力は、なんといっても思い立ったらすぐに行けること。人と都合を合わせる必要がなく「温泉に行きたいな!」と思ったら、自分のスケジュール調整だけで実現するというのがいいんです。

大人になると仕事やそれぞれの都合で友人と日程を合わせるのもなかなか難しいので、今度の週末、時間があるからちょっと温泉でゆっくりしたいなと閃いたときに、一緒に行く友達や恋人のスケジュールが合わないという理由で諦めてしまうのはもったいないと思うんです。

また、平日に時間が取れるのであれば一緒に行く人を探すよりもひとりでパッと温泉に行ってしまったほうが早かったりしませんか?

いま読まれてます
コロナ禍にこそ。なぜ「おひとり様」温泉旅は、こんなにも楽しいのか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます