旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

韓国人と中国人が気にしていた、日本とは微妙に違う「一般常識」

Array
2021/06/05

ご飯を食べる前に、何も言わない?

image by:編集部

赤池:皆さんはご飯を食べる前に「いただきます」っていいます?

ユナ:「いただきます」にあたる言葉は韓国にもあるよ。

赤池:意味は日本と同じですか?

ユナ:ちょっと違うかな。日本では食べ物に対する感謝の気持ちだよね?韓国は、作ってくれてありがとうとか、ご飯奢ってくれてありがとうみたいな意味になるかなぁ。

赤池:家族でご飯を食べる前に「いただきます」はいわないんですか?

ユナ:お母さんとか、作ってくれた人がその場にいるときにはいうよ。でも基本的にはあんまりいわないかな。

赤池:そうなんですね。日本では作ってくれた人がいなくても、ご飯を食べる前は手をあわせて「いただきます」っていうのが習慣のひとつです。

image by:Shutterstock.com

赤池:ぶっちゃけ家でひとりで食べるときは、あんまりいわなかったりしますけどね。王さんはどうですか?

:僕もいわないかなぁ。「いただきます」に当てはまる言葉が見つからない。もしかしたら、あるのかもしれないけど、うちは「みんな食べよ〜」くらいの言葉しか使わないかも。


赤池:じゃあ、いつ食べはじめるんですか?みんな自由に食べる感じ?

:何もいわないよ。でも、年長者が箸をつけてから食べ始めるね

ユナ:一緒!韓国でも目上の人が食べてから食べないと失礼になる。年下の人が先に食べ始めるのは絶対NG。

赤池:家族だとすると、おじいちゃんとかおばあちゃんが食べてからじゃないとダメなんですね。

image by:Lesia Povkh/Shutterstock.com

:そういうことになるかな。

赤池:「いただきます」っていったら、おばあちゃんより先に食べてましたわ(笑)

ユナ:あと、中国では料理を残すのがマナーって聞いたことがある。

:あ〜、完食すると「足りなかった」と認識されてしまうってやつですね。中国流のおもてなしって、お腹いっぱいに食べてもらうことなんですよ。だから「もう食べきれない!」みたいな意味で、残す文化があったみたいです。

赤池:でも、食べ物を残すのってもったいないですよね。

:そうだよね。だから最近では食べ物を残す人も減ってるんじゃないかな。僕も食事は残さず食べるし。もしかしたら地域によっては、この考え方がまだ根付いているかもしれないけど。

いま読まれてます
韓国人と中国人が気にしていた、日本とは微妙に違う「一般常識」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます