旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

韓国人と中国人が気にしていた、日本とは微妙に違う「一般常識」

Array
2021/06/05

お茶のおかわりを頼むとき

:みんなは飲食店でお水やお茶のおかわりがほしいとき、どうしてる?

赤池:店員さんに「すみません」という、もしくは手をあげるのが一般的ですかね。

ユナ:韓国ではだいたいテーブルにお水のボトルが置いてあるから、自分で注ぐかな。

:中国も基本的にお茶がテーブルに置いてあるんだけど、おかわりは自由なのね。もしもおかわりするときは、急須の蓋ずらしたり蓋を反対にして急須にのせると、「おかわりをください」の合図になるよ。

赤池:それなら友だちとの会話をさえぎって、店員さんを呼ぶ必要がなさそうですね。

ユナ:たしかに盛り上がっているときこそ、店員さんを呼ぶタイミングって難しいよね。合図で持ってきてくれるのは嬉しい。

赤池:そういえば中国ではお茶がほしいときにテーブルを叩くって聞いたんですけど、それって本当ですか?

image by:Shutterstock.com

:あ〜、お茶が欲しいからテーブルを叩くのではないかな。

赤池:どういう意味で叩くんですか?


:お茶を注がれたとき、人差し指と中指でテーブルをトントンってすることがある。これは「ありがとう」って意味なんだよ。

ユナ:どうしてテーブルを叩くと「ありがとう」なの?

:昔、一番の礼儀は皇帝へ挨拶するとき、両膝を床に付けて頭を下げることだったのね。いまでは、両膝を床に付けて頭を下げることは親にしかしないんだけど(笑)

image by:Shutterstock.com

:この指でトントンするのは両膝を床につけるイメージを表してるから、「ありがとう」って意味になるんだよ。

赤池:なんかすごい。もしも自分が店員だったとしたら、お茶とかお水を注いだときにトントンってされると「え?イライラしてる?」って思っちゃいます。

:ないない。もし中華料理店とかでトントンしている人がいても、怒っているわけではないから気にしないで!(笑)

いま読まれてます
韓国人と中国人が気にしていた、日本とは微妙に違う「一般常識」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます