旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

「好き」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違ってて全部好き

Array
2021/07/28

北関東エリア「とうと好きでした」

image by:Shutterstock.com

「おめのこと、好きになっちったぺよ」/茨城県

「おめのこと、好きになっちったぺよ」は、茨城県で「好きになっちゃった」という意味のセリフ。語尾に「〜ぺよ」とつくのも特徴のひとつです。

「とうと好きでした」/栃木県

「とうと好きでした」なんて、どこかのアイドルソングのタイトルになりそうなフレーズですが、こちらは栃木県で「ずっと」を意味する「とうと」が使われた告白です。

「好きなんさ、付き合ってくれん?」/群馬県

関東エリアになるとだんだん標準語に近づきますが、地域によっては微妙にイントネーションの差や方言が出ていますね。

南関東エリア「好きです、付き合ってください」

image by:Shutterstock.com

「付き合ってくんろ」/埼玉県

「〜してください」という意味の「くんろ」という埼玉県の方言。いまではあまり使う人はいないそうですが、埼玉県以外の関東地方でも使われていた方言のひとつです。

「にすが好きだべ」/千葉県

にす」というのは「あなた」という意味の言葉ですが、こちらもあまり使われていないそう。また、語尾の「〜だべ」とつけることも。これは関東エリアでよく耳にする語尾ですよね。

「好きです、付き合ってください」/東京都

標準語のザ・告白といえば「好きです、付き合ってください」が一般的でしょう。漫画やドラマで何十回、何百回と聞いてきた鉄板の告白ですね。

筆者の地元、神奈川県の方言は少々やんちゃに聞こえる言葉使いが目立ちますが、告白のフレーズとしては標準語とあまり違いはないかもしれません。これは千葉県や埼玉県といった東京都に隣接する県でも、相違ないのではないでしょうか。

「わたしのこと好きっしょ?付き合うべ」/神奈川県

ほかにも神奈川県では語尾に「〜じゃん」「〜しょ」などを用いることが多くあります。筆者が男子高校生だったら、ちょっと生意気そうな女の子に「わたしのこと好きっしょ?」なんていってほしいところです。

中部エリア「ふっとつ好き」

image by:Shutterstock.com

「ふっとつ好き」/新潟県

「ふっとつ」とは、新潟県の方言で「いっぱい」や「たくさん」を意味します。なので「ふっとつ好きなんだってば!(めっちゃ好きなんだってば!)」なんてかわいいセリフも聞けちゃうんですね。


「好きになってもいいがけ?」/富山県

「あんたのことが好きげんちゃ」/石川県

「好きやで、付き合ってくれんかの」/福井県

「わたしとえべしってくりょう」/山梨県

同じ中部地方でも、山梨県の甲州弁は方言が割と強めかもしれません。

「わたしとえべしってくりょう」といわれたら、「わたしと付き合ってください」という大事な告白なので、山梨出身の人を狙っているかたは覚えておくといいでしょう。

「めた好きになっちゃったかも」/長野県

めた」は長野県で「ますます・余計に」といった意味の方言で、「めた好き」で「ますます好き」というセリフになります。このあたりのさりげない方言もいいですね。

いま読まれてます
「好き」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違ってて全部好き
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます