旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

初デートで最後まで…外国人に聞いた、日本とは少し違う恋愛事情

Array
2021/09/08

3回目のデートで家に行くのはまだ早い?

image by:Unsplash

3回目ともなるとお家デート容認派も大いに増えた印象ですが、25%のみなさんは「まだ早い」と待ったをかけている様子。

どのような点を懸念されているのか、具体的な意見を聞いてみました。

一緒に寝るってことだから行かない/カナダ出身

「カナダ人は『家に行く』=『一緒に寝る』と考えます。だから誘われたからといって簡単に相手の家にはいかないです」(カナダ出身)

ちなみにこちらのカナダ出身のかたは、最低でも1カ月くらいの交際期間を経てからお家デートに進みたいのだそう。焦って距離を縮めるより、安心感がありますもんね。

ひとり暮らしはリスクもあるから/スウェーデン出身

「うーん、相手がひとり暮らしで誰もいない状況で家に行くのは、リスクもあるしありえないかな。紳士的な男性であれば、3回目だろうが女性がひとりで住む家に入ろうとはしないと思う」(スウェーデン出身)

お家デート=下心があると見受けられれば、警戒心が出るのはしかたないこと。どのくらい会ったり話したりしたら「真剣交際」と判断するかは個人の主観ですが、3回目では「まだ早い」と感じる人も少なくありません。

今回は、さまざまな国出身の外国人のみなさんに「デート」や「一夜限りの関係」について、いろんなお話を伺ってきました。なかにはその国ならではの文化が反映された回答もありましたが、恋愛関係というのは十人十色、多種多様な考え方があることも知れましたね。

とくに付き合いたてのころは、お互いに1番盛り上がっている時期でもあります。夢中になって恋愛のことばかり考えてしまいがちなときでも、相手の意見を尊重し、自分のポリシーをしっかり持って行動できるのはとても素晴らしいことです。相手と自分の気持ちを大切しながら、恋愛を楽しんでいきたいですね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

初デートで最後まで…外国人に聞いた、日本とは少し違う恋愛事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます